らじょlog

2017年も書きたいことが見つかったんだ

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金反省会会場

うむ。
キリの良いところで(原作3巻)で終わった。2期への含み…つーかヤル気マンマンの規定路線なのかはわからないが。
原作読んでるので期待してたんだが、気になるのが七々々ちゃんの存在について。世間は別に要らないんじゃないの?って感じてるのかな。
終わってみれば天災が目立つような感じがして。れはそれで面白いけど「ちっちゃくないもん!アッス!アッス!」の阿澄佳奈さん声優アニメの様相に。天災がヒロインみたいな演出で元々のストーリーの軸を見失いそうで。原作通りだけど、最終回で半ば強引に押し戻した構成で原作のテンポとアニメ化にするシリーズ構成に苦労したのかな。
個人的には天災よりもダルクよダルク。良い感じのキャラクターデザインでざーさんボイスでダルクのところだけ声優アニメ的見方で。
あと、懸念してた七々々コレクションの仕掛けがコレジャナイ感があって。ノイタミナアニメですよ~♪的な。
もっと冒険感が欲しかった、トレジャーハンティング的作品だから。

この作品で一番心配してたのはノイタミナでやったのが失敗だったのかな、U局向きですよね。円盤売上大丈夫かな。

広告を非表示にする