そこんとこ

好きなものを自分の言葉で語りたい

瞬発力とくどさが全開の大橋彩香「WINGS」がカロリー高いアルバムだった

年始に取り込んで聴いてない作品があった。

「WINGS」 (初回限定盤)

「WINGS」 (初回限定盤)

  • アーティスト:大橋彩香
  • 発売日: 2020/12/16
  • メディア: CD

彩香これは...(やっぱり常にチェックしないといけないですね)
へごちんは聴かず嫌いって言うか、ころあず(田所あずさ)派なので楽曲の方向性が合わないと思ってた。タドコロックを諦めない人。
ちょっとポップでHIPPOPっぽいところもあるけど、方向性がころあず寄りだった。合うじゃん合うじゃん。
ただ、全体的にサビがくどい。
追いオリーブオイルやチーズ餅入りお好み焼きにマヨネーズガンガンかけるようなサビなんですよ。
カロリー高い楽曲は好きですよ。でも、そこは抑えてもいいんじゃないの?ってヘルシー志向に手を出しちゃうんだ。
ペナルティエリアで2回くらい切り返ししてるって例えでも。1回多いって。


大橋彩香 – START DASH [Official MV]

この曲名見るとなぜかハードル上がっちゃう。本人にはそんな気は無いけど、どうしてもあの曲と同じようなスタダ感を求めてしまう。
違った捉え方だけど、スタダ同様に何かしらの最終回感が出てた曲だった。追いメロディーや切り返しは多いけど。
最終回ってよりもライブのラストの曲の感じが。そこでスタートダッシュって言われても最初からダッシュしろよ!って突っ込みたくなる。


大橋彩香 - HOWL [Official MV]

HOWLって曲にはAメロからそっちの方向か?からサビへのストーリーのある瞬発力のある曲だ。
彼女には瞬発力のあるスプリンターみたいな曲が合うんだろう。直線猛ダッシュするような曲だよね。
じわじわ来るような長距離走のような曲ではない。


NOT YETの強めのミディアムバラードがよかった。自分に一番刺さった曲。ただ、サビの切り返しが多いんだよなあ。

どのジャンルもそうだけど、瞬発力ある感じで押し切ろうとしてるのがスゴいってのか、らしいのかな。

週末なのに5800円で夜行バスに乗れた話

恒例の旅行日記。

今回の移動手段。行き帰り新幹線のルートでもよかったが、夜行バスでどうなってるのか調べた。
出てきた便数が減ってた。そりゃそうだ。移動するな移動にリスクがあるって散々言われてるのだから。
1週間前で特割のチケットが残ってた。3列シートで5800円。
5800円!?


f:id:rojoblanco:20210122100457j:plain


志摩リン並に目ン玉飛びそうになった。
この価格で4列でも安い方なのに…普通に価格崩壊が起こってた。4列シートの価格は怖くて見なかった。
取り敢えずこの価格なら押さえた。


f:id:rojoblanco:20210122093601j:plain

乗り場来たら東京行きがここまで減ってた。
以前まであった夜行バスの客でごった返して賑やかな雰囲気しか知らなかったので不思議な雰囲気でしたよ。

自分の乗ったバスには乗客が数人居てホッとした。
乗客自分しか居ないのかなって思うくらいの乗り場の静けさだったので。
リスクのある乗り物でも、なんだかんだで利用する人は居たことに安心した。これは「需要あるよ」じゃないけどね。


f:id:rojoblanco:20210122222836j:plain


相変わらず最初のサービスエリアまでは眠れない。
サービスエリアでの休憩もワクワク感があったけど、静まり返ってた。うーん…



f:id:rojoblanco:20210122224647j:plain



寝れたか寝れてないかよくわからない状態で東京駅の日本橋口に着くのが「ああ、この感覚だわ」身体パキパキのナチュラルハイに近い状態。
夜行バスには色々意見があるけど、自分はまだ乗れる体力はある...と思ってる。
こういう情勢でも自分のペースで行動が出来たことが、再び動き出してる感がしてる。


そんな夜を駆ける乗り物に久々に触れた中でのムーンライトながらの運転終了には寂しくなった。

臨時夜行快速「ムーンライトながら」運転終了へ 「大垣夜行」から長い歴史 | 乗りものニュースtrafficnews.jp

お鶴さんの新曲どうだったのかの話をするのを忘れてた

前回のTRUEさんライブの感想書き終えてから
「新曲の話はどこ行った?」
すっかり忘れてた。忘れるくらい他の曲に引っ張られた。
言い訳じゃないけど、ライブのこと全部は書かないって自分の基本的な方針なので、1曲1曲魂と熱量込めて伝えてると場所もあるけど。ここはそこまでの魂と熱量は無いのであしからず。

新曲Storytellerはアンコールにやってくれた。


【TRUE】「Storyteller」MV Short Ver.(TVアニメ『転生したらスライムだった件 第2期』オープニング主題歌)


これを聴くためにやって来たようなもの。
転スラ2期ちゃんと見てないので何とも言えないけど、Another colonyと比べると「進化」した曲って感じた。サビの最後が難しそう。

こうやってアニソンを歌うチャンスがあることが凄いことであり、大事なことって思うのですよ。



翌日にアキバのゲマ屋にちびつるちゃんが居ると聞いて撮ってきた。
CDが枯れててビックリしてる。

f:id:rojoblanco:20210120103623j:plain


コロナ禍の中でのライブがこれで3本目だけど、一番民度が高かったような気がした。
声を出さずに盛り上がるところは盛り上がる。静かに聴くところはちゃんと聴くってメリハリがあった。
若干盛り上がっていいのか戸惑ってる場面もあったけど、演者もそうだけど観客も制限された環境での適応って難しい。

手を伸ばした音楽は立ち止まらない TRUE Live Sound!vol,4~Progress~@中野サンプラザ

2021年のライブ初めはTRUEの延期になってた中野サンプラザのライブから。
自分のライブ暦で言うと
「あけましておめでとうございます」

f:id:rojoblanco:20210117161640j:plain

昨年10月の渋谷公会堂、12月のロームシアター京都から状況が一段と悪くなってた。
緊急事態宣言が発出されて、無観客か中止かどちらかと思ってた。
今回5月の日本青年館延期分だから、2回の延期は...中止を意味する。ここでの中止はお互い辛いものがある。
イベントは上限の50%か5000人以内でも開催できる。
でも、宣言にビビって直前でも延期や中止するイベントも見かけた。開催されるかどうか不安だった。
なので、万全の対策をしてくれて、開場と開演時間を早めてでもライブの開催を決断してくれたお鶴さんの運営には感謝の気持ちでいっぱいだ。
開催してくれてありがとう。

f:id:rojoblanco:20210117151406j:plain


1曲目の黎明がボーカルも演奏の音も「ちょっと爆音過ぎません?」
ちょうど自分の席が1階の後ろから2列目で、2階席の天井下なので音が反響してるのか、音響がミスってるのかわからない。MC入ってから3曲目以降は落ち着いたので、やっぱりミスってるってことにしよう。
ただ、この曲とLonely Queen's Liberation Partyで始まるってことは、今日のライブに向けたメッセージのように感じ取れた。

MCでヴァイオレット・エヴァーガーデンの話になって、これまでのイベント同様作品に対して誇りを持って、これからも作品と共に歩んでいく姿勢ってのは、アニソンシンガーだから出来ること。
作品を愛して、そして楽曲も愛するアニソンの流れが受け継がれていく姿を見た。
Sincerelyの冒頭のアカペラからテンポが速くなるアレンジには強い意志を感じた。こういうアレンジ、自分は弱くて、ちょっとゾクゾクしちゃった。
あと、本編最後のWILL未来のひとへには作品から飛び出して、これからの未来への希望の音楽を示すようだった。この2曲を繋げるのは反則だよ。

今回バンドメンバーが一新されたんですよ。
名前のない空腹とか次の僕へのイントロ部分のズンズン来る楽曲との親和性が◎のような気もしてる。
このメンツで、ギュウギュウの狭いライブハウスで声出して叫ぶライブだったらもっと楽しいだろう。そんな世界が戻ってくる日を常に願ってるが。
次の僕へも入れた後半の激しい4曲は跳びまくった。2021年の跳び初めには申し分ない楽曲揃いだ。
色々な制限や来れないこともあって、想定以上のスペースが生まれたが、そのスペースを十分に活かして、来れない人の分も天井突き破るくらい跳んだつもりだ。
てっきり着席指定のライブだと思ってたら、立ちOKだったのがよかった。誰だよ、着席指定のリプ送った奴。

MCで「私の音楽に手を伸ばしてくれてありがとう」という発言があった。
自分は2019年の2月に現地でTRUEの音楽に触れたとき、また触れてみたくなった。また手を伸ばしたくなるくらい、TRUEの音楽は生命力溢れる音楽だった。
そんな音楽が昨年立ち止まってしまった。作品と共に歩み続ける音楽が止まってしまうことがここまで辛いことだったとは。

制限がある中、自分は現地で音楽に手を伸ばす決断をした。そして配信で音楽に手を伸ばしてくれた人も居る。
お互い共通してる想いがある。
  
    音楽は立ち止まってはいけない

TRUEの音楽は立ち止まらない。そして、これからも作品と共に進化していく音楽だ。

f:id:rojoblanco:20210117192527j:plain

跳びきって楽しかった暑かった外の空気が気持ちいい爽快感があったと同時に、後方だったんでアーカイブ配信も買おうかな、その前にライブBDも欲しいしライブグッズも買えるんかな。

動いてみたものの、「これなかなか無駄だろ」って言わないお約束の旅

前回の続き。
寒くて寒くてホテルにチェックインして、レコ大の結果を見守ってから外食に行くも、チェーン店以外どこも開いてなかった。
祝杯上げてテレビ見てたら寝るタイミングを無くしかけた。
今回の目的には、5時前に起きること。

4時台に目が覚めたんですよ。
そこで「勝ったな、ガハハ」の勝利宣言をして横になったまま待機してたら、再び目が覚めたら30分過ぎてた。
ミッション達成できなかったけど、半分くらい達成できたちょっと微妙な結果に。

朝食だ。
「ビュッフェだビュッフェだ!」と意気込んで朝食会場に乗り込んでみると。

f:id:rojoblanco:20210104174015j:plain

あれ

f:id:rojoblanco:20190629183725j:plain

ビュッフェって予約サイトに書いてたので、テンションが一気に下がったけど、よく見たら朝食とは思えないパンチしかないメンツが揃ってて、これだけで腹一杯になる。
なお、パンはおかわり自由だったのでおかわりした模様。



ホテルをチェックアウトして

   さて、どうしよう

すぐに帰るのもアレなので、虹ヶ咲のアニメ見ててお台場訪れたいってことでゆりかもめに乗ってお台場へ。

f:id:rojoblanco:20210104175023j:plain

台場駅降りて、まずはダイバーシティへ。
ダイバーシティと言えば...

f:id:rojoblanco:20201231104223j:plain

ちゃっかり最終回に映り込んでたガンダム。本当に居て、マジでデカかった。ガンダム詳しくないのでそれ以上の感想はない。

f:id:rojoblanco:20201231104511j:plain

Zepp DiverCity
本当だったらここを訪れてたはずだった会場。2020年の悔しかったことを会場前だけでも回収できた。


ダイバーシティからちょっと歩いたら、ヴィーナスフォートがあるみたいなので歩く。

f:id:rojoblanco:20201231113514j:plain

僕のイメージでは「イベントの出来るシャレオツなショッピングモール」ってイメージだったが、外観からは地方の大きなスーパーマーケットみたいだ。

f:id:rojoblanco:20201231111636j:plain

f:id:rojoblanco:20201231111935j:plain

ところが中に入ってみると、中世ヨーロッパの街並みを再現した施設だった。これは人を惹き付けるショッピングモールでもあり、画像撮りがいがある施設だった。

f:id:rojoblanco:20201231112051j:plain

f:id:rojoblanco:20201231112132j:plain

教会広場がイベントが催される場所。
広いんだけど、人が溜まりそうな構造になってるのがイベント向きじゃないよね、ここ?って感想。
ただ、メインはアウトレットモールみたいで、それはそれで勿体無い施設だなあって感じたり。
ここをグルグル見てるだけでも楽しい。

f:id:rojoblanco:20201231113651j:plain

観覧車をバックにしてゆりかもめの方向に歩いていくと東京テレポート駅が見えた。

f:id:rojoblanco:20201231113902j:plain

確か改札前に掲載されてるって情報があったので、一応チェックポイントクリアってことで撮っておいた。

さらにゆりかもめ沿いに歩くと

f:id:rojoblanco:20201231114532j:plain

DECKS
ジョイポリスがあるところ。別にジョイポリスには興味ないので。
ここはコンセプトのあるショッピングフロアだね。昭和の雰囲気をだしたレトロなフロアは懐古主義者にウケるんじゃないかな。
1つ上の階にはたこ焼きミュージアムというどこかに喧嘩売ってるフロアがあったが、入ってた店舗に自分の好きな店は無かったのでひと安心した。

f:id:rojoblanco:20201231120017j:plain

久々にお台場来たんだけど、再開発やってたのかな?よくわかってないけど
フジテレビを中心にして色々な商業施設が歩いたり、ゆりかもめに乗って動ける範囲にある、コンパクトな観光スポットだった。
結局観光スポットでして、住むにはちょっと無理だと思った。
虹ヶ咲はここに住んでる設定だけど、ここに住むには色々足りないものがある。

f:id:rojoblanco:20201231121429j:plain

最後は明るい時間にレインボーブリッジを見て、お台場を後にした。



今回の旅って
中央本線ロングシートの車両に乗って
・車窓から景色と山の雪模様を大分外から眺めて
・溜まってた本の積読が出来た
・早朝のゴリパラをリアルタイムで見るために早起きして
・ホテルの朝食ビュッフェを楽しみにして
・お台場の聖地見てきてスタンプラリーやって
・帰りにガチ雪積もってる関ヶ原にビビって
・2年連続移動中に年越しを迎える


冷静に考えても無駄な旅だったと思うけど、自分のココロは満たされて楽しかったからヨシ!

帰りたいのに帰れない。ならば自分から動けばいい旅をした

帰りたいのに帰れない。
年末年始、帰省すると「帰ってくるのが遅い」だの文句ばかり言われてた。正直帰るのが面倒くさくなってた。
だが、今年は帰れない。
ピンチはチャンスだ。この機会に行ってみたかったCDJもチケットも支払って1週間前に中止のお知らせ。
一気に梯子も外され、モチベーションも一気に落ちた。
それでも、ホテルをキャンセルするも勿体無いし、18きっぷも買っちゃったし、休み期間どっか動きたい気持ちが強かった。じゃあちょっと前からやってみたかったルートで東京行って帰る無駄に見える旅でもするかって。

中央本線廻りの旅!

もうね、東海道線の車窓には飽きた。特に静岡県。たまには違うルートで行ってみたいってなると、中央本線のルートになった。山の景色か...雪積もってるかな、ちょっとワクワクしてきた。

今回の旅では、こちらを参考にした。

www.kzlifelog.com

調べてみるとこのルートは時間がかかるが行けるルート。ただ、問題は中津川~塩尻に電車が無いこと。ここは特急を使ってワープすれば行けそうなルートが立てれた。


12月30日
7:30の新快速で大阪を出るルートで計画立ててたので、寝坊したら即終了の旅。6時前に起きれて無事出発できた。普段の時差勤務の起床がプラスに働いた。
名古屋まではいつものルート。関ヶ原付近にちょっとだけ残雪があったけど、例年よりも暖かい冬に感じた。



f:id:rojoblanco:20210102170537j:plain



f:id:rojoblanco:20210102170544j:plain

名古屋からは中央西線の中津川行きに乗り換え。
10両でやって来て驚く。それだけ需要があって輸送力が必要ってことだろうか。
高蔵寺までは普通に住宅街。快速なのにここまで2駅しか通過してないのに快速なのか?ってクレームつけたくなる。静岡県の沿線と同じような問題を抱えてるのかと想像する。
高蔵寺過ぎたら一気に田舎の風景に。地方都市と地方都市を結んでいく路線になった。



f:id:rojoblanco:20210102171214j:plain


f:id:rojoblanco:20210102171323j:plain

中津川に到着。
次の特急まで30分近く待ち合わせ。駅前をブラブラしながら時間潰し。コンビニも食べるところも何も無くて寂れた駅前だった。これといって名産も無さそう。

f:id:rojoblanco:20210102171220j:plain

ただ、立ち食いそばだけはあった。
ここを逃すと年越しそば食えない事態だけは避けたかったので、年越しそばを兼ねた空腹を満たす作業。
本場から近いのでちょっとだけ期待してたけど、察してください。


中津川から特急しなので塩尻までワープ。
特急しなの、指定席はガラガラのガララーガなのに、2両しかない自由席は埋まりかけ寸前でした。普段だったら指定席も満席で自由席には立ち客で混雑してることを考えると、こういう旅できるのも、こういうご時世の恩恵か。

f:id:rojoblanco:20210102172001j:plain

この区間は観光スポットでもあるから、近くになると車内放送があった。思わず撮ったスポットは何か有名らしい。聞き忘れた。ここら辺は予習不足である。
木曽路沿いを走ってるので、木曽福島あたりに家屋が集中してるのは、宿場町の面影が残ってるのか。



f:id:rojoblanco:20210102172818j:plain

塩尻までやって来た。7:30に出てから14時前なので、乗り継ぎも入れて約6時間半。予想通り時間がかかってる。
本当は松本まで特急乗りたかったが、特急料金が爆上がりするので塩尻で留まることに。
ここでも40分近く待ち合わせ。駅前に食べるところがあったので、本場のそばを喰らうことに。


f:id:rojoblanco:20210102173218j:plain

本場のもりそば。
玄米ご飯と蕎麦湯までついてきた本格的なやつでびっくりした。
山賊焼きと迷ったけど、中津川のそばでは納得いかなかったのでそばに突っ込むことにした。
本場の付け汁は甘いと言うか「これに浸けるんですか?」って味だった。蕎麦湯は蕎麦湯でゆで汁ってドロッとした感じになるんだって発見。
美味しかったけど本場の味はちょっと違う味という結論になった。

f:id:rojoblanco:20201230142601j:plain



塩尻には蕎麦に山賊焼きに信州ワインに安曇野ビールと駅前の売店の時点で目移りしちゃった。
機会があればちゃんと長野には行ってみたい。グルメとワインとビールとついでにアルウィンも。


f:id:rojoblanco:20210102174151j:plain

塩尻からは塩山行きに乗り換え。この車両、ロングシートだった件。
参考にしたところにも、ロングシートの車両が来るって書いてたから書いてた通りなんだけど、ここから2時間近く乗るのはちとキツいものが。

f:id:rojoblanco:20201230151827j:plain

f:id:rojoblanco:20201230152052j:plain

そしてまあまあ特急列車の通過待ちが多い。
富士見駅でも12分の通過待ちだったので、ホームから眺めるも全然雪降ってなかった。雪が積もってるのを期待してたけど雪なんかなく、良い天気なのにジンと冷える寒さ。

f:id:rojoblanco:20201230161834j:plain

甲府までやって来た。1時間くらい待ち時間があったらほうとう食べてた。さすがにそこまでの待ち時間はなかった。
ここから立川行きに。今度はクロスシートで楽に座れる。因みにここまで立つことなく座れてる。
甲府を出ると車窓から富士山っぽいのが見えた。けど、富士山かどうか確信も自信も無かったので載せない。甲府からでも富士山って見えるのか素朴な疑問。

f:id:rojoblanco:20201230184627j:plain

高尾までやって来て、最後は中央特快で締めるはずだったが、強風の影響で運転見合わせや遅れが発生してた。
確かに寒かったけど、そんなに風が強いのか?中央線に遅れさせるほど強風の区間があるのか?って疑問があった。
高尾から日野まではまあ順調。ただ、日野から多摩川の架橋で徐行運転してた。暗くてわからなかったが、多摩川広いし徐行運転させるのも納得。
結局予定から30分以上遅れて東京駅に着いた。
東京着いたら寒いし強風で早く宿に避難したかったので、急いでホテルにチェックインした。

LiSAがレコ大獲ったことは嬉しかったが、アニソンは認められたのは違うんじゃね?

新年明けましておめでとうございます。


2021年もこんな感じでやっていこうと思う。
LiSAがレコ大獲った話していいですか。

僕は直ぐにこういう反応しちゃった。
獲るんかなあ?獲れるのか?どうなの実際→マジで獲ったよ!って感想。

色々な反応が見れた。
「アニソン誇らしい」「アニソンが認められた」自分もこれに近い感想だけど、認められたって結局アニソン界隈はなにと闘ってたんだ?ってなる。

「納得の受賞」賞レース的には簡単な予想なんでしょうね。

「離れてしまうんじゃないか?」この反応がアニソン界隈でも多かったけど、表面しか見てない浅い反応だな。
受賞後のコメント聞いてたら、離れないって思った。
あれは100点満点に近いコメントだけど、それにしても梶浦由紀や草野華余子が全く評価されてないのが不満だ。
そりゃシンガー最強だけど、それを支える裏方の存在はわかってるんだったら、ちゃんとスポットライト当てて評価するべきだよね。だからアニソンが認められたって言われてもモヤモヤする。
仮に踏み台にして離れるのなら、彼女がロックフェスにお呼ばれされた辺りで、荷物まとめて出ていってたはず。

色々な反応が見れたってことは、色々な曲の捉え方があったことだと感じてる。
ネガティブもポジティブもあっていい。
「所詮アニソンじゃん」って職場の人が反応してたので、LiSAの話でビルドアップしようと思ったけど直ぐにやめた。


そんな僕にもリクエストしたいことが

   「ライブでガルデモの曲が聴きたい!」

一番好きなのはLittle Braverです。宜しくお願いします(そもそもチケット取れるのか問題)。


[PV] Little Braver - Girls Dead Monster [Sub Español]