そこんとこ

アニメ、アニソン、音楽、ライブ、雑記のわちゃわちゃワイド

夏休みに東尋坊にGO TOした話③

どこまで書いたのか忘れそうだけど、東尋坊へ行ってきた話だ。

f:id:rojoblanco:20200814140334j:plain

f:id:rojoblanco:20200814142452j:plain

この日暑かった。バス降りてここまでの食事処やお土産街を歩いただけでも汗だくである。

f:id:rojoblanco:20200814140524j:plain

f:id:rojoblanco:20200814140825j:plain

岩場のところまで入れてびっくりした。高いところから覗こうと思ったが、高所恐怖症にはゴツゴツした岩場を渡っていくのが怖いところ。
東尋坊って調べると
ja.m.wikipedia.org

今から約1,200 - 1,300万年前の新生代第三紀中新世に起こった火山活動で、マグマが堆積岩層中に貫入して冷え固まってできた火山岩が、日本海の波による侵食を受け地上に現れたものとされている。

あまり地質についてよくわかってないけど、レアなことなんだろうなってことはわかる。
f:id:rojoblanco:20200814141651j:plain

f:id:rojoblanco:20200814141700j:plain

確かに五、六角形の柱状の割れ目って自然の力で形成されたもので「断崖絶壁」って言葉がよく似合う場所だ。
海の近くまで降りれるスポットがあったので近くまで降りてみることに。

f:id:rojoblanco:20200814141515j:plain

f:id:rojoblanco:20200814151212j:plain

東尋坊って海の近くまで降りれることは知らなかった。
緩やかなものではなく階段以上のアスレチックな岩場。ここの登り降りと暑さで普通に体力奪われた。
見上げて見ても「断崖絶壁」感は変わらない。これは人工では出来ない。
海に触れて癒されようと思ったが、日本海の海水が普通に温くて全く癒されなかった。


お腹空いたので観光地でお昼ごはん。
f:id:rojoblanco:20200814145018j:plain
海を見たからどう考えても海鮮丼の流れだが、ここは敢えてソースカツ丼とおろしそばの福井名物を喰らうことに。


自然の力ってスゴいって実感しながら...何か見忘れたものがあったような。
登り降りしていっぱい見てきたので汗だくで疲れたのでお風呂入りたい!
調べてみると芦原温泉に手頃なスーパー銭湯があることが判明したので、芦原温泉までバスで移動することに。
(本当は日本海が一望できる三国温泉に行こうと思ってたが、バスの時間が合わずに諦めたんだ...どう考えてもこっちの方が)

f:id:rojoblanco:20200814171046j:plain
あわら湯のまち駅
ここからバスだと時間的に費用的にもまあまあかかった。やっぱり三国まで行った方が経済的には良かった。この日が休日ダイヤだったらなあ。

f:id:rojoblanco:20200814162811j:plain
セントピアあわら。
www.awara-saintpia.com
日本海の海水では癒されなかったが、ここの温泉で歩き疲れた身体を癒せた。タイミング悪かったら順番待ちだったから危なかった。


さてさて
帰りのえちぜん鉄道の鷲塚針原って駅でFUKIURAMに遭遇できた(辺り一面田んぼしかない場所が始発駅とは胸熱)。
f:id:rojoblanco:20200814173935j:plain
ああ...乗りたかったわ。

アニソン総選挙と「バンドリの曲だ!」への嫌悪感

f:id:rojoblanco:20200906205143j:plain

アニソン総選挙、ブーブー言いながら見てました。

結果は自分が想像してたものより良かった。もっと酷いものを想像してた。
よくよく考えてみれば、声優総選挙でも沢城みゆきを4位に入れたシリーズ。だから今回の13万人の有権者はガチだったってことになる。変に媚びたり偏ったりすることは無かった...と思う。

個人的にはonly my railgunが6位に入っててビックリしたというか

f:id:rojoblanco:20200830182432j:plain

聞いてた話と違うじゃないですか!?

しかもfripSideのライブ映像がっつり流れた上に八木沼悟志の「せーの!」御発声まで入るおまけ付き
f:id:rojoblanco:20200906200217j:plain
色々地上波で流していいのか疑惑(まあ、大体がこんな大きいところでライブやる人なんだっていう別世界を見るような感想)。

で、God knows...のこと。

ハルヒって10年以上前だぜ?それで10代男で1位ってどういうことだよって言いたくなる。
今の10代がエンドレスエイト見たらたぶん発狂すると思うけど。
「じゃあなんで10代男で1位なんだよ?」って考えたらバンドリのカバーがあるのかなって。
実際(予想通り)あったみたいで。


appmedia.jp


f:id:rojoblanco:20200907171136p:plain
申し訳ないけど、ポピパのカバーは節操が無いチョイスだ。

ところで、自分が音ゲー含むゲームをやらないのは

  • そもそもゲームに興味ない
  • そのゲームが上手く出来ないから諦めた(どのジャンルも)
  • ゲームの世界で完結することが気に食わない(だからSAOの世界観もダメなんだ)

って理由。
だからゲームの外側から見てると「バンドリの曲じゃん!」って言われるのは気に食わない。ゲームの稼働の経緯なんか知ったこっちゃない。
と言うことで「バンドリの曲じゃん!」に感じる嫌悪感の理由がわかったことがアニソン総選挙の収穫の1つだ。
あっ、オリジナル曲への嫌悪感は一切無いですよ。


アニソンライブのない夏は塩と胡椒の入ってないスープだ

この言い回しだけが言いたかった説。

10年以上ぶりにQuick Japanを購入した。言い方悪いが、最近アニソンに擦り寄ってきたから何かあったのか気になってた。

そりゃライブがなくても充実した夏だったって言えば良いように聞こえる。演者側からしたら。
でも、ファンからしたらライブのない夏は「二度と来ない味気のない夏」なんだ。そこも汲み取ってほしかったのは本音。
この味気のない夏にリリースに集中できたり楽曲制作に集中したり配信ライブがあったり「身の丈に合った出来ることをやる夏」でもあったと思う。
そしてそういう環境があるだけでも有難いこと。恵まれてることを改めて認識する。
演者側からしても「二度と来ないこの夏」


期待してたんだけど、思ったよりネタが引き伸ばせない。
「これ!」ってなったのはTRUEのインタビューでのアニソンは玉虫色であるべきの持論。
先日のAnison Days でも言ってた。

f:id:rojoblanco:20200905203121j:plain

f:id:rojoblanco:20200905203147j:plain

自分はこれに賛同する。
聴く人によって聴こえ方捉え方が違ってくる。それは作品に寄り添う側面も歌手として伝えたい側面もある。
どうしても我々リスナーが単面的に合ってる合ってない良い良くないで語るのは、アニソンの進化しないし、歌い手も作家も追い込まれていくと思うんだ。
そういう意味でも「玉虫色」って表現って良いなあって思う。
何よりアニソンシンガーが持論を語ってくれる場を設けてくれたことが大きかった。
そういう部分を汲み取ればこの特集ってアリですね。



結局ファンも

f:id:rojoblanco:20200904220232j:plain

ライブが生き甲斐なんだよと塩と胡椒の入ったスープが飲みたい。

 

夏休みに東尋坊にGO TOしてきた話②

東尋坊に行ってきた話の2回目。
続き物って短いスパンで書いた方が良いのに5日も延ばすとは(延ばすほどでもない説)。


実は8年前に福井に行ってるんですよね。
確か「東尋坊行きたい!」とか言ってたけど、夜中出発でロクに観光もせずおろしそば食べたことしか記憶がない。観光ゼロだった。
何で行ったかと言うと...

f:id:rojoblanco:20200830191622j:plain

フェニックスプラザだったかな?田原町にある。
どういう流れだったか忘れたが、あの日客席で土下座してた記憶がはっきりとある。
終演後、恐る恐る
「今日のライブって当たり?」
と王国民に聞いたら
「当たり」
即答だった記憶がある。

そんなフェニックスプラザでも訪れることもすっかり忘れてた。うーん。

福井駅からえちぜん鉄道で三国まで。

f:id:rojoblanco:20200830175927j:plain

自分が乗った三国港行きにはアテンダントのお姉さんが居た。そういえばこころ旅で見たときもアテンダントのお姉さんが案内してたなあ。
そのお姉さんの話だと「東尋坊に行くにはあわら湯のまちで降りてバスに乗ってね」という話。
だけど、近くの三国まで電車で行ったらバス代も浮くんじゃね?近くだから便利だよね?って考えでお姉さんの忠告を無視。
マップの経路では三国で降りても同じくらいの時間だったので三国で降りる。


あることに気付いた。
世間はお盆休みでJRや鉄道は休日扱いだけど、京福バスは金曜日なので平日扱いだった。
20分後に来るはずだったバスは来ず、40分待つことに。
大誤算だった。何もない三国駅前、一駅歩くのも苦になるくらい暑い。お姉さんの忠告聞くべきだったと後悔した。「金ケチったらダメだ!」という教訓。



40分待った後、ようやく東尋坊方面に行くバスが来た。
15分くらい乗った後、目的地の東尋坊に到着。

夏休みに東尋坊にGO TOしてきた話①

18きっぷが残ってる。
前回うどんを喰らう旅で使った18きっぷが残ってる。
なので、短い夏休みにどこか行こうって考えた。ただ3連休→2日出勤→4連休ってスケジュールだから行きにくいんだ。
まず3連休で西に行くか東に行くか北に行くかルートを考えた。どれも決定打が無いまま3連休が過ぎていった。
このまま18きっぷ売るのかって頭がよぎったが、4連休の初日に「やっぱりどこか行こう!」GO TO欲が再発した。
考えた結果、行ったことがなかった東尋坊に行ってみよう!ってなった。
東尋坊くらいの距離なら日帰りでもGO TO出来るからだ。


f:id:rojoblanco:20200830175841j:plain

大阪駅を8時前に出る新快速で敦賀まで。
お盆休みなのに乗車率100%超えてたのは山登りの人が多かったのかな?堅田近江舞子あたりで降りる人が多かった。
贅沢してお高めのサンドウィッチ買って座って食べる計画だったのに。

f:id:rojoblanco:20200814092545j:plain

琵琶湖は撮れなかったが、その代わりに「あ~う~♪」って口ずさむダイナミックジャパンな風景は撮れた。

敦賀から乗り換えて武生で降りた。
f:id:rojoblanco:20200830152758j:plain

武生で降りたのは噂のLRTFUKURAMに乗りたかった。
ja.wikipedia.org

f:id:rojoblanco:20200830181734p:plain

これこれ、何気にカッコいいんだよなあ。
と、いう、こと、で(←最近流行りのイラっと来るフレーズ)福井鉄道の越前武生駅へ。

f:id:rojoblanco:20200814103549j:plain

5分くらい歩いてショッピングセンターの陰に隠れるような形で駅舎が現れた。

f:id:rojoblanco:20200814105223j:plain

あれ?コレジャナイ

f:id:rojoblanco:20200830182432j:plain

頓挫
20分に1本の間隔なんでこれに乗れないとまた20分待つことになるので仕方なく乗った。
ちなみにこの後の電車がFUKURAMだったので、持ってないってことですよね。
ガタンゴトン揺られること40分。単線なんで入れ違いがあったりして思ったより時間がかかった。速く行くにはクソ不便だけど、スーパー行きたいとか病院行きたいって人にはそれなりに便利な電車だと思う。ベル前って本当に道路挟んでスーパーがあったから間違ってなくて笑える。
個人的には鉄道線から路面電車の軌道線に入るところが非常にロマンを感じたわけで。あれはロマンだった。
みんな福井駅前で降りたので降りることに。
田原町まで乗りたかったけどだいぶ時間ロスした。

BanG Dream! 8th☆LIVE DAY2:THE DEPTHSのライブビューイングを観てきた

遂にブシロードコンテンツのライブに参戦ですよ、ライブビューイングだけど。



と言うことで、バンドリ夏の野外3DAYSの2日目のライブビューイングを観てきたんですよ。
予定通りバンドリのライブが開催されるって情報を見て、せめてRAISE A SUILENのライブビューイングでも良いから観たかった。
でも、このコンテンツのライブビューイングって残ってないと思って探してみると残ってた。「だったら観るしかない!」って勢いでチケット確保した。これが水曜の朝の1時間くらいの行動力。自分でもライブに飢えてるって感じた。

f:id:rojoblanco:20200822164507j:plain

ライブビューイングも1席空けて距離を保って座る。レギュレーションで立って観ることもペンライト振ることもタオル振ることも禁止なんで、まったり気味に観れるけどまったり観るようなライブでもないことはわかってる。

20分押して始まった(現地も雷鳴って雨降って遅れたってことなんで空の色でなんとなく察した)。
オープニングアクトHappy Around!はよくわかってないDJユニットだったけど、Roseliaの娘が居たり選曲がオジサンに刺さるくらい渋くて、悪くはなかった。
オープニングアクトとしてはアリ。



ここからは自分が感じたことを中心に。
会場のコニファーフォレストってもっと入るよね。上限5000人だけど、5000人以上居るように感じた。
行ってみたい場所なんだけど、富士急って西から行くには行きにくい場所なんだよね。東京廻りのルートしかわからない。ここがネックなんだよなあ。

現地はスタンディングやジャンプOKで声出さない限りは大丈夫ってレギュレーションだけど、どうしても声が出ちゃう場面もあったね。
終盤のEXPOSE"Burn out!!!"での花火なんかは気持ちを昂らせるような花火の演出だったから。これは野外ライブの醍醐味なんだけど。声出せないってのは辛いものがあった。
そういうこともあって気を遣った煽り方してた。コール&レスポンスなんかは出来ないので、ひたすらヘドバンやらせたりしてた。それはRASの音楽性からしてアリ。

アンコールなし、MCほぼなし、着替え入れてのインターバルが2回あって構成としてもわかりやすかった。

コンテンツの売りでもあるカバー新曲が愛しさとせつなさと心強さとで絶対叫んじゃう選曲。
ただ、個人的にはその後のDEPARTURESの方がカバーのクオリティは高かった。小室サウンドとRASの親和性が半端無かった瞬間だった。

何よりRASの音楽が本当にスゴい。
ちょっと弾けた感じの演奏と煽るDJ煽るボーカル。こういうミクスチャーロックってのが自分の好きな音楽と合うんだよ。
特にドラムの足元を映してたんだけど、BPMの速い曲ばかりだから足元がガンガンに動いて、躍動感以上のものを感じたんだ。あの演出はロックの裏側みたいなもので良い演出だった。
まだこの歳でこの音楽が聴けるのか!?ってなるけど、まだ聴けるよ。
この音楽聴いてたら現地で叫んで楽しみたくなるんだ。

ERA【通常盤】

ERA【通常盤】

  • アーティスト:RAISE A SUILEN
  • 発売日: 2020/08/19
  • メディア: CD



そしてエンタメ再始動とか言ってるけど。
この3日間の野外ライブ、ちゃんと感染対策を行えば開催出来る。ファンもライブのレギュレーションを守れば開催出来るんだってことを証明できたのではないか。
大型ライブの最初の一歩を踏み出さない中、ライブ開催することの決断をした木谷社長には感謝してる。🏠🐯の件は声出せないんだから、どうでもよくなった。


この既視感のあるキャラクターはなんなんだ!? 2020夏アニメ今のところの振り返り③

登場シーンから「もしや!」って思ったもんね。


夏アニメ振り返りの3回目!
自粛してても自粛してなくてもアニメ見るペースって変わってないのが恐ろしいところ。たぶん世界線が変わってなくても同じくらいは見てる。アニメ見るキャパシティってあるんだ。

まず今週のデカダンス
カブラギさんバグ矯正施設送りになっちゃって、そこからの脱出回。
普通スクラップにされる展開なのにそれを止めたのが誰なのか、どんな思惑があるのかは今後の楽しみ。
毎回戦闘シーンなりバトルシーンなり動かせる話にして、6話まで継続できてるのがスゴい。
けど、そこまで盛り上がらないのがオリジナル作品の辛いところ。ビックネームの作品には敵わないのか。
見てるうちに、段々アメコミみたいに感じるのは気のせいか。

放課後ていぼう日誌

6話まで追い付いてます。
春アニメで3話で力尽きた作品。ちゃんとやってたら春アニメの上位に食い込む作品じゃないか?って予想してたが、序盤の3話ではキャラ高い声が気になってもうひとつって感想。
再開以降は徐々に慣れてきた感じ。そして5話の顧問のさやかちゃん登場である。

f:id:rojoblanco:20200814091917j:plain

どこかで見たことあるキャラクター。既視感しかないのはなぜだろうか。
「もしや!」と思いキャストを確認したら小清水亜美で色々な意味でひと安心した。酒を見るとあの人を連想させるのは非常にダメである。

f:id:rojoblanco:20200815155556j:plain

ただ、この画を見て「こんな酒ゲス顔はしない」って既視感は無くなった。ハイスコアガールズで出てきそう。

f:id:rojoblanco:20200815155507j:plain

冷静に見て、部室で酒呑んでる時点でアウトな設定なんだけど。何このありそうで出来ないワンシーン。

釣りが流行るかどうかはわからないけど、作品の舞台が丁寧に描かれて聖地巡礼したくなるのは間違いない。
熊本の芦北町なので一度は行ってみたいですね。

モンスター娘のお医者さん

ようやく1話見た。
これは...エグゼロスよりは健全だけどエロい声は聴けるからエロ寄りアニメってことで良いのかな。普通に見応えはあったんだ。

f:id:rojoblanco:20200815155626j:plain

どうしてもこのシーンが気になるのだが、エロを感じたのは気のせいか。
悪くはないから継続して見続けると思う。