そこんとこ

好きなものを自分の言葉で語りたい

和三盆抹茶にしぃまいフラペチーノ

先日のうどんを喰らう日帰りツアーでやりたいことがあった。

スタバの地元フラペチーノが飲みたいんじゃい!

www.starbucks.co.jp

僕は香川県のフラペチーノがうどんだと思ってた。


f:id:rojoblanco:20210729061719j:plain

一瞬うどんのような色だが、うどんじゃない!(歓喜)
和三盆抹茶にしぃまいフラペチーノだ。和三盆と聞いてマジでホッとした。
と言うことで、帰りの高松駅のスタバヘ。

f:id:rojoblanco:20210729061704j:plain

和三盆がふりかけてるのは一口飲んでわかった。
ミルク感たっぷりのフラペチーノでした。コーヒー的な要素が無いので、ミルク好きな人やスイーツ感覚で飲んでも美味しい。
ただ、抹茶の味があまりしなかった。抹茶の意味があったのか疑問だが。だからミルク感たっぷりなんですよ。



f:id:rojoblanco:20210729061733j:plain

夕暮れの空見ながらのんびりしたかったが、電車の時間が迫ってたので急いで飲んだわけで。

うどん喰らう2021夏


18きっぷを手に入れた。
「とりあえず4連休のどこかでうどん食べたい!」とちょっと見たいものがあったので23日うどんを喰らいに行った。


高松まで行程はいつもの時間のいつものルートなので省略するが、昨年の同じ時期のガララーガに比べると圧倒的に増えてる。例の相生チャレンジもギリギリで座れたレベル。人の流れは戻ってる、これは良いことだと思ってる。




f:id:rojoblanco:20210728215601j:plain


f:id:rojoblanco:20210725205940j:plain


たも屋でかけうどんとちくわ天。
やっぱり味はここが間違いないセルフうどん店。
トッピング、これでも自重した方です。
いつも感じる、わかめの入れ放題ってのは四国のアドバンテージだと思ってる。



f:id:rojoblanco:20210728215626j:plain



f:id:rojoblanco:20210725210204j:plain

次は一福でしょうゆうどん。
昨年も訪れたが、ここの醤油が黒くない。
麺はたも屋と比べて細め。コシはあったので美味しかった。ただ、大根おろしの辛味が無くてしょうゆうどんの楽しみは半減した。



f:id:rojoblanco:20210728215649j:plain



f:id:rojoblanco:20210725210230j:plain

県庁下のさか枝うどんでざるうどん(1玉)。今回はうどんの種類を変えて喰らう計画してたので。←段々うどんの量が減っていくスタイル。
「もっとイケるやろ!」で県庁下まで歩いて消費したつもり。祝日なんで開いてる確証も無かったので賭けで行ってみたら、開いてた。
ここは地元民がこぞって通うような庶民のうどん店。自分も昔は行ってたくらい有名。
客の回転が早く、意外とのんびりしてられないので食べてすぐ撤収した。なお、テレビでやってた高校野球の予選で食べてる間に3点入ってのバカ試合が展開されてた。



この夏も歩ける距離でうどん屋巡り、喰らい尽くしました。

7/24 酸欠少女さユり ツアー「あたしとかみさま」2021@Zepp Namba

4週連続SACRA MUSIC祭りの3本目はさユりの延期になってたツアー。
週末に何か楽しいことがあると、モチベーションが上がり平日を頑張れる理由になってる。忘れかけてたこのサイクルを取り戻しつつある。

f:id:rojoblanco:20210725132200j:plain

会場はZepp Namba
当初はツアー初日でBaysideだったが、無観客開催を要請(ホントこれがクソ過ぎる)→延期を受けて会場が変わった。
マジで間違いそうな変更だったので、今回紙チケットだったのは助かった。
先行で取ったので1F席でした。座席アリのフルキャパでほぼ満席。思ったより男性客が多かった(女性客が多いのかなってイメージだったので)。



さユりのワンマンライブは初めてだったので、「これ歌ってほしい」「アレ歌ってほしい」期待値ハードルを勝手に上げてた。よく考えると、これまでにツアーもやって新曲も出してる(デジタルが多いから追いかけれない...)。必要以上に期待値あげて予習し過ぎるのもよくない。
ライブ終盤辺りで「あっ(今回のライブの世界観とは合わないな)」で察した。


十億年から始まった。
フルバンドだ。
弾き語りのベストアルバムで素材の味で勝負する音楽も好きなんだが

フルバンドだと重厚な音にアコギの音が引き立つように響いた。
アコギを情熱的に弾けるアーティストっていいよなあって前から思ってて。それがシンガーソングライター沼に沈み込みそうで...。

フランがスゴくいいテンポで気持ちよかった。ケーキを焼くでタンバリン鳴らしながら楽しい曲だ。
光と闇が耳に残ってる、チェックできてなかった曲だから今度音源調べよう。
新曲かみさまはその前のMCで「自分の信じるもの」って話が印象的。ちよこれいとがライブ向きな曲だなって感じでよかった。


f:id:rojoblanco:20210725132225j:plain

彼女は独特の世界観を持ってると思ってた。
持ってるには持ってるが、MCで言ってたライブを開催していいのかって現実。そんな中で「自分の信じる歌を届けたい」と持ってる世界観と現実を行き来しながら前に進んでる姿が印象的でした。
航海の唄って彼女が進むべき決意の表れみたいな曲に響いた。



f:id:rojoblanco:20210725132244j:plain

アンコール無しの90分のライブだった。
彼女が信じる歌が航海の唄で締めるのも悪くはないんだけど、自分の本音はもうちょっと彼女の音楽に触れたかった。
まあ、来場者にこの日のピクチャーチケットやクリームブラン貰って至れり尽くせりみたいなライブで楽しかったですよ。
ちゃんと会場限定のCDもゲットしたのでこれから聴いていきたい。葵橋って曲もよかったから。

2021夏アニメここまでの感想 

2021夏アニメ始まってた。
今期も何本か見てる(そして溜めてるw)。ここから気になる作品のなんとなくな感想戦をダラダラ書いていきたい。

小林さんちのメイドラゴンS

3話。
才川リコのアへ顔というか変態顔が相変わらずで、主要キャラクター全員顔合わせしたって回。
2期の1話から続いてる熱いメイド服推しが堪らない。

f:id:rojoblanco:20210724161637j:plain

towanaちゃんのメイド服wwwwww
このシンプルで軽い感じのメイド服も嫌いじゃない。
こだわりを見せるってことでいい回でした。

最後の小林さん好き好き特殊EDもワロタ。

白い砂のアクアトープ

2話
P.A.WORKSはどこが舞台でも丁寧に描いてるなあ。気持ちリアルから少し盛ってる感じで描いてるのも悪くはない。
1話のような目まぐるしい展開から一転、沖縄の土地柄らしくのんびりな雰囲気が出てた回。

伊藤美来の演技について。怒ると表情の変化のある演技でもちゃんと出来てたのでようやってる。ただ、演じる年齢層って限られるんだろうなあって印象も。
DMMが絡んでる時点で逢田梨香子出てるのか?って思ったら意外なキャラで攻めてきてビックリしてる。

7/18 夏川椎菜 Zepp Live Tour 2020-2021Pre-2nd@Zepp Osaka Bayside昼公演 #Pre2nd

4週連続SACRA MUSIC祭りの2本目は夏川椎菜Zeppツアー。


当初昨年末からの年またぎでやるツアー予定が延期の延期でこの時期に。そして大阪が7月18日に。

これ神のお告げじゃんw
(たまに畜生を見せる声グラ、嫌いじゃない)
狙ったわけじゃないけど、この日が空いててチケットが取れた自分の引きの良さ。そして「持ってるなあ」

f:id:rojoblanco:20210719092902j:plain

Zepp Osaka Bayside
2F席だったが、隣に人が居てびっくり。座席アリのフルキャパだ。
よく考えたらZeppは4月から間隔開けずに客入れるって声明出してたから、全然おかしくないこと。
ただ、1席間隔を開けての快適なライブに慣れすぎてた。本来これがあるべき姿なんだよね。慣れって怖い。



きっかけは声優楽曲のオタクが絶賛したり、アニソン派の皆さんが絶賛したことだった。
「だったら聴いてみるか」って聴いたら、先鋭的な楽曲が多くて、楽曲10選や楽曲大賞に入れるくらいに夏川椎菜楽曲沼にハマっていった。
そんな楽曲達がライブで、生バンドで聴けるってなると...彼女のパフォーマンスと楽曲が天井突き抜けるくらいに化けた。よく「ライブ映えする」って表現使ってるが、そんな甘いもんじゃない!化けたんだよ!
どの曲も化けたが、ステテクレバーアンチテーゼが自分の予想以上に化けた。跳びたくなるくらい楽曲になってたが、ジャンプ禁止のレギュレーションなのが惜しい。


お誕生日のサプライズどうするんだろうって話。
それは5曲目(オープニングから5曲連続でやるのは意外だった)ラブリルブラの1番サビ後、ヒヨコ労働組合(バックバンド)が演奏を止める。
ハッピーバースデーの歌からケーキ登場というなかなか強引なサプライズのやり方。その後ヒヨコ労働組合ストライキを起こし彼女に無茶振りをさせる→アレな誕生日のメロディでイメージ壊されたw
トラセのメンバーからプレゼント貰った話や、麻倉もものMVで「無理ー!」って叫んだ話があった。トラセの3人は仲良いエピソード。
最後のMCで「24年間努力してきた自分を褒めたい」って言ってたのが印象的であり、自分の彼女への見立がちょっと違っててこの後の考察が捗ることになる。


f:id:rojoblanco:20210720085103j:plain




ファーストプロットパレイドはどうしても聴きたい曲だった。
アニソン派で夏川椎菜のプロデューサーの話を聞いてても「どんな音楽が好みなのか?」「どういう音楽を分別するのか」が見えてこなかった(うっすら浮かんでる感じはするけど)。
楽曲を聴いてるうちに、この2曲が彼女の音楽の本質だ!って。


曲中の所々で彼女が俯き気味に歌う姿が印象的だった。
彼女は自分の想いや伝えたい言葉をそのまま伝えるよりも歌詞に乗せて伝えてるように感じた。彼女の俯く姿が伝えたいこと。
「この2曲が本質だ!」って言ったのは、彼女が歌手活動で伝えたかった想いが詰まってるんじゃないかって。ファーストプロットの最後の俯きも伝えたい歌詞に重みがあった。
なんか彼女は真面目で不器用なんだろうって思った。




夏川椎菜の先鋭的な音楽ってナーゲルスマン説を唱えたいが、この例えは伝わらないよなあ。
先鋭的なロックで大満足なんだけど、どこかでこの曲をアコースティックで聴いてみたいって音楽的な進歩も期待したい。
考察も捗るくらい楽しい2時間でした。

7/10 LiSA Live is Smile Always~LADYBUG~Day2@大阪城ホール #LADYBUGツアー

今週から4週連続でSACRA MUSIC所属アーティスト&声優ライブが続くSACRA強化月間。
最初はLiSAのLADYBUGツアー大阪城ホールの2日目。


昨年もツアー申し込んだけど、延期&中止の流れは結構堪えた。
今年もe+の先行があると知って、「とりあえず投げてみよう」って感覚で申し込んだら当選しててた。

f:id:rojoblanco:20210711183234j:plain

会場は大阪城ホール。大規模会場でライブ観るのは2年ぶり。
物販の時間帯での噴水前の賑わい具合を見たら、これまでの日常が戻りつつあると感じさせた風景。自分は新しい日常よりもこれまでの日常を取り戻したい人。

入場。
アリーナ中央で360℃見渡せるステージ。イメージ的には3月の真綾ちゃんの横アリを想像した。これからもこういうステージセットが定番になるかもしれない。
スタンドの後方の席。
1番でずっと背中で2番になると正面見える。スタンドでも遠くには感じず、角度があって観やすい場所だった。


オープニングの映像から「10年後の私へ」というソロデビューから10年を意識した演出。10年ってのが今回のツアーのキーワードだ。10年走り続けることがどれだけ凄いことかってなかなか伝えられない。
そういう意味でdawnがスタートに相応しい曲って感じた。
ADAMASのドラムドンドンするパフォーマンスが格エモかった。元々持ってた曲の疾走感が増してた。こういう演出するんだって違う発見もあったので。

妄想コントローラーで「うわああああああああ」ってなった10年前を思い出した。ただ、テレビゲームみたいな演出だったので、当時のノリ方とは全然違ってて戸惑ったのは内緒。今聴いてもこの曲は色褪せない。
そして無色透明
MCで「10年前のワンマンライブが大阪から始まった」って話でBIG CATのライブを思い出す。
夢や期待不安とデビュー前の心境が散りばめられて、この10年と当時のことを自分と重ねて聴いてると、知らないうちにウルウル来ちゃって泣いてた。
今になって、やっぱあのライブ行ってよかったし伝説の始まりを目撃するとは。
「いい曲だ」って噛み締めたくなる後にジェットロケットで吹き飛んだw


後半Rock-modeの「さぁ次は何の曲?」からのRising hopeのイントロがエモくてエモくて痺れた。サビでUOグルグルやりたくて、後方席だけど空気を読まずにやった。実際やると気持ちいいけど、たまにぶつかってクオリティが低かったのは反省点。

3年前に観たライブで自分は「これロックヒロインじゃね?」ってくらい絶賛してた記憶があるが、今回それを遥かに越えるくらいのものを見せてくれた。一皮剥けたどころじゃない。2ランクステージが上がってる。
彼女の音楽に対してガムシャラでひたむきな姿勢が。これまでのライブのMCからの作品に対する真摯な姿勢が。
レコ大獲って国民的楽曲を2曲持ってても、自分を大きく見せない姿勢が、この日のライブでもあった。
だから最後のMC前に拍手がスタンディングオベーション並に続いた。自分もあの拍手は止めたくなかった。それくらい彼女のパフォーマンスに心撃たれた。


ミニアルバムLADYBUGの話をしてなかった。

どれも個性的な曲ばかりなんだけど、サプライズがよかった。激しいパンク曲もらしくて良いんだけど、時おり見せるバラード曲って魅力的なんだよね。
ちょっと違う世界観で攻めたGLも面白かったし、アンコールのLetters to MEもこれからを語る曲で10年よくやったが、これからも歌い続ける姿勢が見れた。
最後の最後でAnother Great Day!!でマジ最高って感じで締めてくれたので、「今日もいい日だ!」って心の中で叫んでた。

朝食バイキングはロマンだ

先週は泊まりがけの遠征でした。
なかなか休める環境でもないので、休日である土日使っての泊まりがけ遠征って嬉しいもので。
そういうときに限って寝付けなかったりする。楽しかったライブやイベントの余韻もあるけど、泊まりがけにはもうひとつの楽しみがある。
それが

朝食バイキング!

先日の1周だけバイキングの「バッフェ」が自分的にハマった。
1周だけって言われたらその場で発狂しそう。
バイキングとは座席とバイキングエリアとのシャトルランだと思ってる。どれだけシャトルランするかによってバイキングの価値がわかるって話だ。←自分でも何言ってるんだ並の感想

今回は「朝食が美味しい」って情報があったので入谷のベッセルに泊まった。バイキング以外にもウエルカムドリンクやお茶漬けサービスがあって普通にレベル高かった。次もここの系列にしようって思うくらいだ。
地域限定のメニューに豊洲市場直送のまぐろがあった。「朝からまぐろ丼食べたい!」が決め手でしたと白状する。
f:id:rojoblanco:20210704173439j:plain


華丸先生のお手本をしっかり見て今回のバイキング対策はバッチリ!で挑んだものの...
ちょっとずつ入れてメニュー数を稼ぐってスタイルだったが、あまりに無惨な結果。
自分で言うのもアレだが、大吉先生以下だよ(大吉先生も酷かったが)
言い訳をさせてもらうと

  • 入り口で消毒する
  • ビニール手袋を装着
  • 大きなお皿4マス付きを置く

ここまでは冷静だったが

↑いきなり朝食のクリーンナップの登場で「これどのマス使えばいいのか動揺する。
本来ならば、1周見てからどれをどこに入れるのか考えるが、それをすっかり忘れてお手本の真似事をするとこういう結果になる。
結局皿が大きいものの使いきれず、スクランブルエッグとだし巻き卵のワンペアもあったり、やっぱり色気出し過ぎ。

画像は残してないが、2周目もあって深川めしをお茶漬けで流し込んで。パンがちょっと微妙だったのでロールケーキとコーヒーで締めた。
次はこんな失敗はしない。



ここでこれまでの自分のバイキングの結果を見よう。
f:id:rojoblanco:20210704173606j:plain
ルートイン2連発。確実にバイキングやってるって情報があったので。
朝から圧倒的茶色とバランスが悪いなあ。「あれもいい」「これもいい」の寄せ集めの結果ですよね。

f:id:rojoblanco:20210704173659j:plain
1周だけじゃ満足できないから、2周目は勿論3周目はパンを食べる。
ルートインはパンがしっかりしてて美味しかったと記憶。パンは別腹ですよ(CV花澤香菜


f:id:rojoblanco:20210704173850j:plain
これはベーコンをチョイスしたことは間違ってないけど、ベーコンの量を間違った時だ。
これも2周目おかわりとパンのターンで締めた記憶。全部食べないと満足しない人なんだ。


思うんだけど
バイキングは全部食べようと思った時点で負けなんですよ!
そう思うと、先週はカレーや冷やしうどんのコーナーはスルーした自分を少しは褒めてほしい。
目移りする配置は卑怯だって思いながら。


色々ワーワー言ってるが、朝食バイキングってロマンですよ。