らじょlog

2017年も書きたいことが見つかったんだ

2013年のアニサマ批評~来年くらいはまた参加するかも!?~

と言うことでほぼ恒例となりつつあるアニサマ批評の季節がやって来ました。
http://music.animelo.jp/blog/anisama2013/special01/

選曲についてはこれを見るとうーん…って感じてしまう。これ!って曲が無かったような。

正直特撮には興味ないし、ジョジョにも興味が無い。そういう自分にとってはうーん…って感じることは妥当なんだと。なんか2013年らしい曲が無かった。その曲前も歌ったよね?って曲が多いことも気になった。これは次の人選に繋がるわけだが。
あとは前にも言った1曲でも良いからアニソン歌えば客席ドッカーン!って盛り上がるという風潮。より強くなってるのがなんか違うよなあ…。


アーティスト人選について。
これはマリーニョ理論で言うと「ZAQ良いアーティスト、土屋アンナ良いアーティスト。良いアーティストばかり揃えて必ずしもアニサマが盛り上がるとは限らない。凄い!アーティストってのが居ない」
いつも選ばれてる常連アーティストを除いてそういうアーティストが居なかったと思う。出るのは常連と新人でその間の中堅どころは出られなくなった。中堅どころにアニメタイアップの仕事が回らなくなったことも大きいが。
さて、そんな常連組を上手く利用してスターシステムの波に乗るってこと。「〇〇を見に来るついでに△△も見て欲しい」って感じで。でもなあ…一時的には効果があるがこういう利用の仕方には長期的には効果がないので否定的な姿勢だが。
そういう部分よりもポジティブなことを。SONY解禁でさらに幅が広がったことは大きい。
これどうなの?って言ってたアーティスト振り分けも終わってみれば良い振り分けだったのではないか。特に3日目を声優ヲタのカオスにさせたことも。

まあ、行ってないのにこうウダウダ言ってると来年くらいは参加しようかって思うわけで。誰が目当てとか関係なく終了後に「ちょっと言いたいことがある」ってもの申すだけの為にw

広告を非表示にする