らじょlog

2017年も書きたいことが見つかったんだ

喜多村英梨 STARTING STORY LIVE TOUR 2013@Zepp Namba行ってきました

f:id:rojoblanco:20130630145549j:plain
6月30日にあった喜多村英梨 STARTING STORY LIVE TOUR 2013に行ってきました。梅雨の晴れ間でしたが開場前にはパラパラと雨が。

さてキタエリと言えば、以前から活躍を予言しててここまでやって来た。インストアイベントでも「キタエリはワシが育てた」感がまだ残ってるわけで。そんな中1stツアーは行けなかったわけだが2ndツアーの強気の会場設定にこれはさすがに行けるのかって先日e+叩いたらチケットあったので購入。

キタエリの音楽性が全面に出てて楽しく激しいライブでした。絶賛ツアー開催中ってことなのでセットリストは出せないが、個人的に聴きたい曲は全てやってくれた。アルバムとシングルはチェックしたんだけど、キャラソンまではカバー出来ない。これまでの経緯からレーベルの壁や大人の事情を乗り越えて歌えたのは良かったと思うが。
実は彼女の音楽ってアニソンロックにメタルのごった煮状態のジャンルなわけで、一番合っていたのがメタルっぽく終始頭振っていた。
どこの現場でもコールのタイミングって違うんだけど、ここで跳ぶとかコール入れるとか。特にBe Starters! のサビでのfufu→廻る→コールの流れに詰め込みすぎでもあったり廻るのか…だったり。
個人的に好きな紋があのセットリスト上では浮いてるんだよなあ…和のテイストが出せない衣装や演出でもあったが。
アンコールラストのHappy Girlはやり直しって言いたい内容だけど、今日は良いかなって。


MCは彼女のパーソナリティーってのがよく現れてる内容で、意外とそっち系のネタでも振るんですよ。某ほっちゃんにMCでの廻って芸について詳しく聞いてると横で「バーカバーカペッ!だよ」と乱入する阿澄佳奈という畜生声優の話で盛り上がったので実際にやってみたり。アンコールでは昨日ライブしてた小松未可子が来てる→1F一斉に振り向く→2F最前で普通に居ててワロタ。なお、終演直前にこっそり撤収した模様。


今回ライブ参戦の前に気になることがあって、曲によってリュームの色をコロコロ変えるということ。皆が曲によってカチカチ変えるのは良いけど合う曲合わない曲ってのがあるんだよなあ…。中には色が揃ってない!というご意見番の鑑のような意見もあったがw 個人的にはコロコロ変える行為が好きじゃないので丸腰参戦でしたが、腕を上げるよりも結局は頭振っていた。客層は普通の声優アーティスト現場の客層で、若いなあって。


おまけで、アンコール時にキタエリコール「キタエリ!」→「キッタエリー」→「ニッタエミー」ん?新田恵海!?って聞こえた件。 おいおいμ's現場かよw

Birth(初回限定盤)

Birth(初回限定盤)


広告を非表示にする