らじょlog

アニメに音楽にDROIT AU BUT

【アルバム感想】「屋上の真ん中で 君の心は青く香るまま」相坂優歌

屋上の真ん中 で君の心は青く香るまま (初回限定盤B)

屋上の真ん中 で君の心は青く香るまま (初回限定盤B)

個人的に期待してた相坂優歌のアルバム聴いた。

なんかビックリしたんですよ。自分が思ってたアプローチと違うアプローチで攻めてきたことを。
リード曲の瞬間最大meが、これまでのシングル曲とは違った感じだった。大森靖子連れてくるんだって驚きも。曲のインパクトよりも「私はこれだ!」という決意表明みたいな曲にも思えた。
1曲ごとに歌い方や雰囲気が違ってて、こっちに揃えてくるというコンセプトってのは無い。カラフルな作品か?って言われてもちょっと違う。
翡翠蝶の棲む処なんかもろにALI PROJECTでこういう曲も好むんだという驚きも。ひかり、ひかり尾崎世界観もそうだけど作家連れてくるセンスがスゴい。彼女の音楽性の好みなんだけど、これが驚いた。
個人的にはInsomniaやカップリング3曲が続いた後のAnti Geometryのデジタル曲が良かったり、本当に掴み所が無いんだよね、良い意味で。
「迎合しないタイプなんかな?」って聴きながら思っててインタビュー見たらそうだったのでなんか納得。

cho-animedia.jp
そういうタイプだからワンマンライブが平日でライブハウスで座席アリなのはしょうがないか。