読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らじょlog

2017年も書きたいことが見つかったんだ

劇場版響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~観てきました

アニメ

 ゴールデンウィーク初日は劇場版響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~を観てきました。 

 

f:id:rojoblanco:20160429183804j:plain

 

劇場版はアニメの総集編と言うことで、それらしくポイントポイントを抑えてるアニメ視聴組も未視聴組も納得できるような内容。

総集編って上手く作品をまとめて掴めてるのかも重要だけど、同時にここまでの話の線、道を引いたり作ったりしてるのか?どこが制作から見て欲しいのかがわかるような気がする。

吹奏楽部の視点で追うのも良いが、ここは久美子の視点で追うと彼女の「性格が悪い」って言われるくらいのクール、サバサバした性格から吹奏楽で悔しさから衝動的に動く感情を持つ気持ちの変化の過程を追うと面白い。主人公でありながら主人公じゃないように見える妙な感覚を持つ。

アニメの時にも気になってた見せ方のカメラワーク的なもの。アップからの全体への引きだったり、全体からズームするものもあった。久美子と麗奈の関係性を明確にするような演出で使ってるのかな?って見終わって思ったのだが、ここが印象に残る。

ポイントポイントでオーディションのシーンが見所かなって思ったが、個人的には大吉山での久美子と麗奈の合奏シーンだと思う。あの合奏で2人の距離は縮まったし、これ以降自然な動きの演出だったから。

大吉山もあるけど、2回ほど聖地巡礼してると色々なシーンでじわじわ来る。これが京都アニメーションのロケハンの不思議なマジック。視聴者の印象に残るようなものを作るロケハンをしてるように思う。

 

 

そして10月からの2期、関西大会への話は1期とは違う雰囲気の久美子が見れるので2期はホントウニ楽しみです。

 

 

 

広告を非表示にする