らじょlog

アニメに音楽にDROIT AU BUT

復興工事が進んでる熊本城を見てきた:熊本遠征日記③ #LIVE_ISLAND

熊本2日目
電車の時間まで「1スポット廻れる」しかないので、今回どうしても行きたかった熊本城を見てきました。
kumamoto-guide.jp
「こころ旅」で熊本城が現代建築で復興工事をしてる姿を見たこともあって、自分の目でどこまで復興してるのかが見たくなった。
f:id:rojoblanco:20180805095241j:plain
f:id:rojoblanco:20180805095254j:plain
今回の宿から近いことはわかってたが、どこから行っていいのか事前に調べてなく行き当たりばったりで歩いてたら城彩苑って土産物や飲食店が並ぶ城下町みたいなところに着いた。ここを起点にパンフレット見ながら歩く。
f:id:rojoblanco:20180805100155j:plain
天守閣、本当にビルを建てるかのような建設工事現場だった。加藤神社近くも天守閣がよく見えるスポットだが、自分が撮った中ではここがよく撮れてたので。
f:id:rojoblanco:20180805100907j:plain
f:id:rojoblanco:20180805100720j:plain
ただ、天守閣以外の所では石垣が崩れてて地震の被害の大きさがよくわかる。普通崩れてる場所は安全性を考慮してシートで隠すのだが、ここではリアルに見せてる。印象としてはまず天守閣でそれ以外は手がつけられない状態。完全復旧には20年かかるってパンフレットにも書かれてたがそれも納得。
f:id:rojoblanco:20180805102055j:plain
f:id:rojoblanco:20180805105852j:plain
熊本城内にある加藤神社に参拝。ところで境内近くで加藤清正大河ドラマにって署名活動してたが、そこまで大河に詳しくないが加藤清正ってドラマに出来るのか?って疑問があった。

震災での被害の大きさがわかったリアルな熊本城ってのが見えた。そして広かった(立ち入りが規制されて遠回りになったりしてたので)よく歩いた、暑かった。

1スポット廻ったのでここでなにか食べようとする。
f:id:rojoblanco:20180805110625j:plain
デコポンソフト。暑かったので冷たいものが食べたかった。
美味しかったが、廻りにメロンソフトなどご当地の産物のソフトクリームが多かったので個人的にはチョイスミスか。
f:id:rojoblanco:20180805112543j:plain
肥後あそび豚のとろーり丼。普通の豚丼とは違う厚みのあって柔らかいブランド豚が甘めの醤油味のタレとマッチしてて美味しかった。ちょっとリッチなお昼でした。

熊本ナイトと熊本ラーメン:熊本遠征日記② #LIVE_ISLAND

今回は熊本遠征日記の2回目。前回高知遠征日記を一気に書き上げたが、書いてて長い!って感じたので何回かにわけて書いてくスタイルに変更。
話はアスペクタでのライブ後から。


ライブ後は規制退場と言ってもそこまで規制があったわけではないが、出入り口が1ヶ所しかないのでどうしても集中して渋滞してしまう。
さて、ライブ後の一番の問題は集合時間までにツアーバスに戻ること。トイレ等々行ってたら危ない時間だったがなんとか間に合った。
今回のツアーバスでわかったのは熊本駅からと熊本空港からのバスと天神からのバスが出てることがわかった。さすがに福岡以外の地域からのバスって最小人員は集まらないだろうなあ。たが天神に着いたところで日付変わる時間でこれどうするんだ?という疑問もある。
バスは定刻ちょっと過ぎてからの出発。アスペクタ周辺は通り雨程度だったがどうも熊本市内とかその周辺は大雨だったみたいで。バスが運行してる時間は止んでたみたいだった。
23時過ぎに熊本駅到着。宿が繁華街の近くなので急いで路面電車に乗る。この時間でも動いてるのは有り難いが満員電車でした。
今回の宿が下通の近くなのでその近くで遅い夕食。さすがに腹が減った。
f:id:rojoblanco:20180804234148j:plain
熊本ナイトは近くのラーメン屋でまずはビールで祝杯。
f:id:rojoblanco:20180804234457j:plain
熊本ラーメンと炙りチャーシュー丼のセット。
熊本ラーメンは豚骨からにんにくのチップが入ってて豚骨とは違う濃厚なラーメンでこれは好きですよ。美味しかったです。
熊本ナイトはラーメン以外も色々美味しいものや美味しい酒を呑みたいが、遠征って美味しいものにありつけないものだと思ってる。メインはグルメじゃない、グルメがメインなら食べてばっかりだと思うが今回のメインはライブ観ることだ。そこを優先するとグルメはどうしても優先順位が下がってしまう。これが遠征のあるべき姿だと思うが、最近のファンは交通費にもグルメにも金をかけるから不思議なものだ。


f:id:rojoblanco:20180805092737j:plain
今回泊まった宿の近所に下通商店街があった。(夜に撮りたかった)
f:id:rojoblanco:20180805003930j:plain
ここアーケードが広くて高松の商店街を思い出させるが、高松との決定的な違いは広いアーケードを活かしたイベントが開催されることや商店街に入ってるテナントが東京の大手の店舗が多かったこと。地元色も良いけど、ある程度大手の店舗を入れないと集客出来ないよね。
f:id:rojoblanco:20180805093054j:plain
商店街歩いてるとアニメビルに遭遇。どこでもそうだが、この3店舗は運命共同体なのか。

余談だが、ウエストのうどんも食べたかったがそんな余裕はなかったので次に九州に行く機会があったら。

2018夏アニメ雑感:やはりプルンプルン動くのは良いですね

今回は久々にアニメ感想戦。2018夏アニメここまで視聴してる作品の感想などを。今期も色々見てるんですよ。

はるかなレシーブ

f:id:rojoblanco:20180815235946j:plain

4話まで見る。
今期注目されてた作品。もうちょっとダメなのかなって思ってたが、自分の予想以上にビーチバレーやってて良かった。
プルンプルン動く作画にはスタッフの気合いを感じる。作画の評価よりもキャラの描き方が好印象。
遥とかなたのコンビも成美と彩紗のコンビもトーマス姉妹も2人の競技としての動きは勿論だが、心理状況のメンタルの部分も描いてるのが印象的。どのキャラに感情的なものではなく丁寧に描いてる。
スポーツの作品での評価もあるがどのキャラも丁寧に描いてるのが続きも見たくなる。

ぐらんぶる

誰かが言ってた「汚いあまんちゅ!」って評価は間違ってない。描かれてる大学生活とダイビングのギャップを楽しむよりも今のところは大学生活の汚さと「こんな生活あまり無いよなあ」という現実はそこまで酷くないから、汚い部分をどれだけ楽しめるのかというよくわからない評価に。

夏空と通り雨とやまめの炭火焼きの下:熊本遠征日記① #LIVE_ISLAND

恒例の遠征日記は1週間以上過ぎちゃったけど熊本に遠征してきた日記。
今回の遠征の最大の問題は「熊本にどうやって行くのか?」往復の交通手段だ。
手段として飛行機も選択肢に入ったが、やはり「新幹線に乗りたい!」という欲求が制して新幹線での移動を決める。
ただ、熊本まで片道で18650円で往復だと4万近くかかるのは予算も限られてるので予算的には痛い。いかに予算を抑えて移動できるのか調べてみたら。

f:id:rojoblanco:20180815132320p:plain
今回スーパー早特21というきっぷで12000円で行けることがわかったのでこれを利用。ただ、21日前までに予約で変更が出来ない制約のあるきっぷだが予算を抑えるには最適なきっぷ。これを1か月前に確保できて良かったが乗る新幹線の選択で後々面倒なことに。

f:id:rojoblanco:20180804095514j:plain
f:id:rojoblanco:20180804100022j:plain
10:08のさくら551号で熊本まで出発。早特きっぷは勿論指定席だが自由席の殺伐とした感じが凄かった。当然のように指定席も満席ですが。
熊本まで3時間ちょっと。乗る前に駅弁だけ購入して簡単にお昼と高知の旅行記を書きながら熊本に到着。
f:id:rojoblanco:20180804132440j:plain

熊本到着、新幹線口を出るとムワっとした熱風とツアーバスの客が大移動する姿が。
f:id:rojoblanco:20180804132805j:plain
今回はアスペクタまでのツアーバスを利用。
このツアーバス以外にアスペクタから一番近い肥後大津駅からシャトルバスがあると思ってたが、日を追う毎にそんな情報も無くライブまで2週間切った段階でも情報がなかったのでこれは仕方なくツアーバスに申し込むことに。本音を言うと「往復で4.5kは高い!」
失敗だったのは新幹線到着から3分後にツアーバスの集合時間になってたのはかなりバタバタしたので1本早い新幹線にするべきだったという反省。
出発時間から少し遅れたが無事出発。アスペクタまではオール下道で1時間ちょっと。熊本市内で少し混雑したが進むにつれて阿蘇の山奥に入っていくのがわかる。
f:id:rojoblanco:20180804152710j:plain
f:id:rojoblanco:20180804153541j:plain
f:id:rojoblanco:20180804152550j:plain
熊本県野外劇場アスペクタに到着。山奥に進むにつれて雲行きが怪しくなったのが気になるが。
早速物販の列に並ぶもポツポツ雨が降りだした。やがて雨も強くなってレインコート使わないと濡れるくらいの雨になった。事前に雨対策の準備が役に立った。
物販終了後には雨も止んで平地の暑さから解放されたような涼しさ。でも、湿度はあるので少しでも動けば汗が出る。
ところでアスペクタの心配事の1つに、飲食ブースがあるのか?という心配があって。前日までの情報では飲食ブースはあるということで心配はなかったが、ツアーバスに乗る前に飲み物だけは確保した。ただ、腹が減った。飲食ブースを見回してみると焼きそばとかあるが。
f:id:rojoblanco:20180804162321j:plain
やまめの炭火焼き。どう考えてもここで食べたら一番美味しいものはこれだった。
丸焼き、塩がまぶしてあって身が柔らかくてほぼ全部食べれるくらい美味しかった。夏空とやまめの炭火焼きというコントラストが印象的だ。

NANA MIZUKI LIVE ISLAND 2018@日本ガイシホール2日目 #LIVE_ISLAND

WAVE09 日本ガイシホール2日目!
f:id:rojoblanco:20180812121926j:plain
本来は熊本で僕のISLANDツアーは終了だった。...が、名古屋も行ってみたいとチケット調べたら立見席だが2日目があったので気がついたらチケットゲットしてた。
f:id:rojoblanco:20180812121712j:plain
ツアーのポップは夏休み仕様と言うか野外に出してこそのアイランド感が出てた。
名古屋は普通に暑かった。大阪も暑いんだけどここまでじゃなく、7月後半の酷暑のような暑さがまだ続いてるような感じだった。
だが、東の方では雷ゴロゴロ鳴ってて開場時間では雲行きが怪しくなって雨が降りだした。酷暑後ゲリラ豪雨という空模様。
f:id:rojoblanco:20180812130733j:plain
f:id:rojoblanco:20180812130100j:plain
こんな酷暑の時間にナネットさん登場。大阪の時と比べて柵が無く近くで撮れるってことでガンガン撮った。
物販はすぐに終わったけど開場までの時間潰すのにこの酷暑の中では辛いものがある。そんな中
f:id:rojoblanco:20180812122216j:plain
f:id:rojoblanco:20180812122321j:plain
隣のガイシフォーラムが休憩スペースとして開放された。噂のオタク収容所、12時頃利用したが快適でしたが14時過ぎに再び利用しようとするもまさかの入場規制がかかって、ここはコミケ会場かな?
結局収容所に入れなかったオタクが入れる施設内で涼を求めオタク難民と化したのは秘密である。

ライブの話。
ガイシホールはアリーナモードなのでアリーナの演出が再び登場。
ジェットバイク、パラグライダー、ヨット型のトロッコと大きな会場を有効に使った乗り物演出。立見だったのでパラグライダーだと見えるがトロッコはよく見えなかったのが辛いところ。
夏うたアコースティックはBRIGHT STREAMでした。
熱くさせる曲だが夏の曲ってイメージは浮かばないが。原曲の良さをそのままアコースティックに落とし込んだようなアレンジが印象的。
激しく盛り上がりたい曲がクールダウンになる曲に変わった。そしてこれでなのは曲が3曲続いてコミケの時期だけにまさになのは完売な選曲。
MCはDJサカリュウからのエイサーイハラマスコーイ繋ぎ(2回目)で果敢に能登麻美子のモノマネに挑んだり、ポプテピピックの現場に隠しマイクがあるって話。
後半のISLANDムービーは水鉄砲射的。なかなか倒れないペットボトルに苦戦で早送りと謎の魔法で倒すというなかなかの映像。
あとガイシホールが改修工事のために来年から使えなくなる。今回でガイシホール13回目のライブということ。愛知でガイシホールが使えないのは痛いが、また戻ってくるようになれば良いかな。その替わりの箱が...体育館もあるけど使えるかは微妙なところで、となるとサンアリーナ
f:id:rojoblanco:20180812121903j:plain
高知も熊本も形式が違えど熱量があったし愛知2日目も熱量を感じた。個人的に各会場でバランスの良い選曲で楽しめてるが、アンコールでPreserved Rosesが来るとは思ってなかった。どの会場でも曲に変化をつけて奏でる音楽も見える景色も同じものを見せない変えてくるところはさすがだなって。

NANA MIZUKI LIVE ISLAND 2018@熊本県野外劇場アスペクタ #LIVE_ISLAND

WAVE07熊本!
野外ライブの中でも思い出に残るライブでした。ランキングにするとトップクラス。
f:id:rojoblanco:20180804153039j:plain
熊本駅からツアーバスに揺られること1時間半。平地のうだるような暑さからは解放された阿蘇の高原。ただ、湿度高めだったので結局はライブも汗だくになってしまうのですが。
f:id:rojoblanco:20180804152545j:plain
f:id:rojoblanco:20180804152549j:plain
野外ライブだから出来ること、野外ライブだから見える景色が違ってた。皆が思い描くような夕焼け空は見えなかったが茜色がかった夕方の空を見上げながら聴くアコースティック企画での星空と月と花火の下。元々極上の野外映えする曲なんだけど、曲の良さをそのまま残すアコースティックアレンジ。陽も落ちて暗闇となった中で輝くアオイイロでの青とETERNAL BLAZEのオレンジはホールやアリーナでは出せない景色だった。そしてダブルアンコールで九州制覇を記念してAstrogationの落ちサビでの花火。
今回はA2ブロックの4列目という良い場所。アスペクタは座席が無いので立ち位置指定、広く荷物置けて跳べるくらいスペースがあった。ただ、傾斜があったのでダブルアンコール時高まってバランス崩しそうになったのは内緒。ブロック自由席は見えなかったがやりたい放題だったらしい。ここまで来た段階でアドバンテージがあるのでこの日は無礼講ってことでしょう(公共交通機関がある場所では絶対ない)。
ドラムのゆたポンがこの会場のこけら落としで30年前にあった伝説のロックフェスBEATCHILDで演奏してたって話に。「よくこんなところに作ったよなあ」当時からそんなこと言われてたのかな。まさかライブ翌日にRGがその伏線を回収するようにライブをやるとは思わなかったw
f:id:rojoblanco:20180804165717j:plain
f:id:rojoblanco:20180804165723j:plain
野外ライブはどれも思い出に残るものになってる。
FLIGHTのテアトロンの時も凄い場所だった。あれは地元でライブできる野外の場所があるって話は聞いてたのである程度は理解できた。
今回のアスペクタはツアー会場発表時から
「熊本これどこだ?」
から始まって、これどうやって行くんだ?って心配してツアーバスが出るがそれしかないって状況になって行ってみたら想像以上の阿蘇の高原だったというISLANDってよりもADVENTURE要素が強かったアスペクタでのライブ。色々語りたくなるくらい思い出に残るライブでした。

台風で予定変更でドタバタしながらの高知の旅

今回は先日のLIVE ISLAND高知公演の遠征日記を久しぶりに。ここまでドタバタした旅も珍しいってことでその記録。

今回の遠征は汽車(列車ね)が頼りになるルート。岡山まで18きっぷで移動して岡山から特急南風で高知まで。帰りも同じルートでの計画だった。
その計画が崩れそうになったのが7月の豪雨。記録的豪雨で土讃線が動くのか問題が大阪公演の前に発生。予讃線で橋脚が壊れるなどの被害が出てるのだから、四国の感覚なら土讃線はもっと被害が酷いと思ってた。が、そこまで被害が無くてあっさり土讃線も運転再開して自分の遠征計画が崩れなくてひと安心したが。1週間前まではこの感覚だった。
台風が発生した
f:id:rojoblanco:20180804092433g:plain
台風12号が発生。当初は関東に直撃するルートが予想されてたので、そこまで意識はせずに「このルートなら汽車は動くでしょう」だった。これ水曜日までの感覚。
ところが、木曜日になって進路がひん曲がって来た。
f:id:rojoblanco:20180102203203j:plain
思わずそんな愚痴を溢す中、進路は更に曲がって...
f:id:rojoblanco:20180804092547p:plain
うーん、これはマズい。
四国に近づいた段階で自分の中で29日の列車全部止めそうな予感がした。この段階で「高知行く」or「行かない」の2択になってた。29日出られないことを考えるとリスクを背負ってまで高知に行くのか?ってなってこれは「行かない」方向に流れてた。ああ、ひろめ市場...
しかし金曜の夜にあるフォロワーさんが「その日のうちに四国を出て岡山で泊まる」という計画に変えようか?って呟いてるのを見て

  これだ!
と言うことで急いで高知のホテルをキャンセルして岡山駅前にあるカプセルホテルを予約。キャンセル規定のギリギリで危なかった。

で、28日のライブ当日。
当初の予定通りの電車を乗り継いで岡山まで移動。岡山からは特急南風で高知まで。
f:id:rojoblanco:20180728105607j:plain
f:id:rojoblanco:20180728105713j:plain
アンパンマン列車でした。岡山から奈々ファンがチラホラ。
田舎者の発想なら自由席でも余裕でしたが、自由席難民になることを恐れたので敢えて指定席を取った。当選のことながら指定席は満席。
f:id:rojoblanco:20180728113005j:plain
車窓から瀬戸内海を撮ろうとしたが、台風接近に伴うあいにくの天気だったので微妙な風景に。これでも雨は降ってない。
特急南風は小さい頃に乗ったことあるが、途中の阿波池田まで。高知まで全ルート乗ることは初めて。阿波池田以降の四国ワイルドワールドが楽しみだった。
f:id:rojoblanco:20180728124827j:plain
f:id:rojoblanco:20180728124900j:plain
やっぱり見所は吉野川沿いを走る小歩危大歩危間でしょう。これ見るだけでも価値があるし完全にこの沿いを走る時は観光列車だった。
f:id:rojoblanco:20180728134520j:plain
f:id:rojoblanco:20180728135026j:plain
高知まで約2時間半。新幹線で東京新大阪間よりも長いが、それでも四国の自然の中を突き抜ける特急は魅力だ。
高知到着後、パラパラと小雨が降ってきた。観光する時間も微妙だったので会場まで路面電車で移動。
f:id:rojoblanco:20180728190248j:plain
f:id:rojoblanco:20180728190254j:plain
高知県民体育館ってどこだっけ?と調べようとするもわざわざ降りる電停記してくれてて助かる。こういうのって個人的に嬉しいもので。こうやって催し物を地域で支えようとすることが地方で興行することの重要性だと感じた。
で、台風の進路が心配されたがこの日の15時過ぎに翌日の四国内のすべての列車が止まるとの通知が来た。これは予想通りの展開。
ライブは16時開演で約3時間半コース。四国脱出の方法は最終のしまんとで坂出→最終のマリンライナーで瀬戸大橋渡って岡山ってプランがあったが、JRのことだからいつ運転打ち切ってもおかしくない状況。アンコール諦めて1つ前の19:30の南風で岡山まで行くのかライブ中考えてた。そこまで天気が荒れてないから大丈夫だと思うが…。
結局止まるのが怖かったのでアンコールは諦めたが、会場出ると雨も止んでちょっと夕焼け空が見えた。これ本当に台風が来るのか怪しかった。
f:id:rojoblanco:20180728190316j:plain
高知まで来て高知らしいもの食べてないので高知と言えば鰹だが小さい頃の思い出であったアイスクリン。アイスクリームというよりはシャーベットに近い食感が変わっておらず美味しかった。
f:id:rojoblanco:20180728191305j:plain
f:id:rojoblanco:20180728191324j:plain
帰りの南風は普通の仕様。結果的にはこの日の列車は動くことは確定してたが最終の乗り継ぎで日付変わっての瀬戸大橋で四国脱出って多少のリスクはあったからね。あと、自由席バトルも怖かったから。
帰りは金券ショップで岡山高知間ゲットしたが3600円でいつの間にかアーバンライナーよりも安いという現実。近鉄の回数券が無くなったのが大きいのですが。
f:id:rojoblanco:20180728225122j:plain
岡山到着後も雨は一滴も降っておらず、逆に綺麗な月が出てることに「明日本当に台風が来るのかこれ?」おそらく朝から岡山で足止め食らうことを想定してどれだけ待つのかな?


そして翌日
モロに岡山県を通過してて笑う。そして予想通り在来線は朝から止まってた。が、新幹線は動いてた。新幹線強い子!
f:id:rojoblanco:20180729101151j:plain
個人的にはあまり使いたくなかったが動いてないから新幹線を限定的に利用する。ちょっと予算がオーバーしたが。
姫路より先、つーか関西のJRは動いてたので姫路からは在来線乗り継いで帰る。昼下がりにあっさり帰れて空は台風一過のよな空だった。

今回の高知遠征は美味しいもの食べたりのんびりすることは出来なかった。が、また来るチャンスがあれば来たい!それは何時になるのか?個人的に観光でも来たいよね。
終始バタバタしたけど楽しかった。