らじょlog

2017年も書きたいことが見つかったんだ

西沢幸奏 SHIENA NISHIZAWA LIVE TOUR "Break Your Fate"@ROCKTOWN(7/17)

神戸の翌日は大阪での幸奏ライブ。
f:id:rojoblanco:20170717171647j:plain
f:id:rojoblanco:20170719091117j:plain
会場のROCKTOWNは初めての箱だが前にACLパブリックビューイングで行ったことがあるけどあの時は中に入れずバーカウンターの小さいモニターで観てたような。ここバーカウンターが異様に広かった記憶が。
開場まで時間があったのでロッカー確保してFCブースで缶バッジ貰って外のキューズモールのスカイコートやってたつばきファクトリーのミニライブ観てたりして時間潰す(MCで言ってたけどこのユニットハロプロ系列なんですね…)。
前日は上手側で観てたのでモッシュ震源地に捲き込まれたのでこの日は下手側で観ることに。震源地らしきものは居たが終始平和と言うかクリーンに盛り上がれて汗だくになった(前日よりはマシだった)。
ツアー前に言ってたように各会場でセットリストを弄っている。GeminiBrand-new Worldをアンコールに移したり、ピアチェーレを入れたり変化つけてる。持ち歌が限られてるが。
MCでは551のアイスキャンディー話。地元民はこよなく愛してる流だったがアレ食べたことないのですよ(小声)。即興ソングは「週末都民」というイベンターパワーワードで爆笑してさらに曲のクオリティで爆笑した、知らんけど。

最近のロックフェスってどうなの

神戸大阪と2Days参戦して感じたのは赤坂の時以上に色々なファンが彼女に注目してたこと。それは良いことだけど、気になったのはロックフェス系のTシャツを着てたファン。京都大作戦だったかな?そのファンがモッシュとかで騒いでたようだけど、最近のロックフェスに行くようなファンって騒ぐ系のファンが多いのか、どこの界隈でもよくある「とにかく騒ぎたいだけのファン」なのかわからないところ。
別に騒いでることを批判してるわけじゃないけど、単に暴れてるだけのようにも感じることもあって。応援の仕方は色々あるけど度を越えてるようにも思える。あと、内輪な空気も感じて...これって10年くらい前のアニソンクラブイベントでのヲタ芸に対するものと同じような空気を感じたわけで。時代というのは巡るもので。
ロックフェスに出てもおかしくないという意見もあるが、ロックフェスに出ることが目標になっては困る。そこよりも目指すべきものがあるけど。
と言うか最近の邦楽ロックとそのファンは元気なんだろうか。全体的に疲弊してるように端から見えるが。
f:id:rojoblanco:20170718084533j:plain

西沢幸奏 SHIENA NISHIZAWA LIVE TOUR"Break Your Fate"@神戸VARIT.

赤坂BLITZのワンマンから2ヶ月半、関東を除く全国ツアーが始まった。3連休の神戸→大阪の関西ラウンドからの参戦。
f:id:rojoblanco:20170716164621j:plain
神戸VARIT.は三宮の近くだからクラブ月世界の近くだろうと月世界基準で歩いてたらそんなことはなく、ハンズよりも西側でドンキホーテの近くまで歩かされるとは思わなかった。最寄りは三ノ宮だが微妙な距離だ。ただ、300人くらいの規模では珍しい2層式の箱でFANJの小さいバージョンかなって感想。手作り感が溢れてた段差が印象的。
今回のツアーはワンマンライブとは違ってバックバンド無しギター一本で廻るツアーで、マイナーリーグの選手が試合して移動するようなツアーだと認識してる。それじゃないとこの値段(3000円+ワンドリンク)の設定じゃ無理だから。
17時台だがまだ太陽が照りつける時間帯から入場待ちで体力が削がれる。それくらい16日の神戸は暑かった。FC先行で入場するもほぼ満員なので1階のフロアにどんどん入っていってなんとか身動きが出来る狭さに。
アルバム3曲からスタートはワンマンと同じ展開。ただ自分が立った位置がモッシュ震源地の少し前と幸奏の煽りとフロアの盛り上がりでモッシュ大会。ハイラインのゲーゲンプレスを10分間連続でやるような感じとこの日の暑さで一気に体力が削がれて、尋常じゃないくらいの汗の量。さすがにこれ以上動き続けると熱中症になりそうだったので後方に待機してライブ中には初のドリンクチケットを使う状況に。さすがにこの状況でアルコールを投入する采配は振るわなかった。
MCでは神戸と言えば→ハーバーランドというベタな解答にモザイクと言ってややこしくさせたファンは反省してほしい。そこでモザイクと答える発想がわからない。
お悩み相談から即興で歌作るコーナー。悩みというより願望としまいには悩みがないというレスだけ貰いたい勢のアピールタイムでgdgdでした。
この時には前半削がれてた体力ゲージは半分近くまで回復してたので後半のBrand-new WorldとThe Astrisk Warの学戦都市アスタリスクタイムには闘ってた。
アンコールはBreak Your Fateをタオル曲にするということ。悪くはないがタオル振る時間があまりにも長かったのでタオル曲を変えた方が良いと思ったが、タオル振れそうな曲が無かった。
尋常なくらい汗かいたので水をかぶったような状態だったので物販で着替えのTシャツを購入したら握手会があった。自分以上にタフな幸奏でした。

2017夏アニメ「異世界食堂」見てたらお腹が空いてきた

今期のアニメで個人的に注目してる本命枠が異世界食堂でして。
これアニメ化すると聞いたときには料理グルメモノは手堅いけどハードルが年々上がってるジャンルなので難しいと思ってた。ああ、原作読む前にアニメ化とは...。

1話見たけど作品が「美味しく作る」より「美味しく食べる」方向性で作ってたので楽しく見れたので腹減ってきた。時間帯によっては良い飯テロ作品だ。
正直テクニカルなことや作るという部分は甘々と稲妻でお腹いっぱいなので(←この作品も美味しく食べるに焦点を当ててたが)。でもアニメ大好き評論家の皆さんは作る部分に重きを置いててフィクションとリアルのオーバーラップに期待したいのかな?って知識だけ頭でっかちな残念な気分になるが。料理が出来る出来ないはおいといて。
実写の孤独のグルメが苦手だった。つーか皆が見てる波に乗れなかったことが大きかったが。あれはリアルで見せられて美味しそうなんだけど、そこから先の想像が出来ない。まだアニメなら先の想像が膨らむので。
ビーフシチューもカツ丼もトリの照り焼きも美味しそうだが、食堂なのにまかないでモーニングが出来るのはなんでや!?ってツッコミは無しで。
腹へったなあ。

f:id:rojoblanco:20170716124012j:plain
f:id:rojoblanco:20170716123914j:plain
f:id:rojoblanco:20170716123932j:plain
f:id:rojoblanco:20170716123840j:plain
f:id:rojoblanco:20170716123628j:plain

2017夏アニメの感想

そう言えば春アニメの感想をジャンジャン書こうと意気込むも1回しか書いてなかったことに気付いた夏の日。

夏アニメが始まってた。

夏アニメ、チョロチョロ見てます。一気に見たいけど暑いから見る気力が削がれるのですよ。
今期一番に見たのは戦姫絶唱シンフォギアAXZでした。
4期でも勢いと歌える声優をさらに揃えて歌唱力で押し通す作品も珍しい。ここまで来るとストーリーよりもその姿勢が素晴らしいって錯覚に陥る。
f:id:rojoblanco:20170702133646j:plain
1話で一番笑ったシーンはこれ。なんか、この発想が凄いとしか言いようがない。そしてここがピークでここから落ちていくんだなって思うのは内緒でして。
あと、EDであの3人に歌わせようとした采配が素晴らしい。いつものメンツに歌わせても盛り上がらないもんね。

アホガール
うん、アホだった。15分で十分だと思う。この作品ならちょっとくらい作画が雑でもスルーしてくれると思うよ、ディオメディアさん。

NEW GAME!!
今期の期待枠、本命枠。
やっぱり青葉よりもねねっちなんだよなあ。阿波根さんとねねっちの絡みが最高な件。

・はじめてギャル
今期のエロ枠。土下座からのローアップで最高のスタートダッシュ!を演出。地上波ではパンツも隠してるのが逆にエロくて笑う。
そしてイヤホンズの3人目が発見される。でも、これ萌咲いちごの初主演作品だったらとても微妙。これは途中離脱の連続のエロ枠で完走できそうな予感。
(でも、一番頑張ってるのは浅沼氏なんだよなあ...)
ところで、純情のアフィリアって何故改名したの?

もがき続けてた上半期と

お題「2017年上半期」

下半期始まって2日。その前に上半期どうだったのか。
1日1日が何故か長かった。上半期は「もがき続けてた」感じだった。もがくことに関してはこれまでもそしてこれからももがき続けると思うが、自分自身もがいてたなあって例年以上に感じた。
具体的にどうだったか?はアレなんで詳しくは書かないけど、そういう接し方なら誰も付いてこないし不平不満を述べたところで何も変わらない。寧ろ周りの心象が悪くなることを理解してるのだろうか。人生の先輩と思って接してるも先輩としての経験値があまりに無かったことに驚いてる部分もある。
仕事の担当変わって1つだけ良かったことは勤務時間が変則になったので時間の使い方を気にするようになった。早く帰って早く寝て早く起きると自然と時間が浮く。定時の頃と比べてダラダラしなくなったのは良かったこと。
平日は感情に無色な日々を送ってると、その反動で最高の週末を送ろうとする。
上半期は3回ほどのイベント遠征という名の遠出だった。例年なら1、2回だったのに。下半期も遠出をする日々を送るのだろうか...つーか週末は理由付けて遠出したい願望もある。

アニメはびっくりするほど見れてない。いつも通りに溜めてる。世間の路線と外れた作品が好きなのは相変わらずだ。春アニメは有頂天家族グラブルは見てた。アニメグラブルは正統派冒険ファンタジーだったので思ったより見れた。つーか回を重ねる毎にキャストが強くなるのが笑った。
下半期はちゃんとアニメ見たい(何回目だ)願望があるが、夏アニメの注目って何よ。

あと、blogもちゃんと書きたい(これも何回目だ)。今年に入って書きたいが書けなくなってる、動かない。

下半期も相変わらずもがき続けて考え続ける日々を送るのだろう。いつか期限を決めて動くこと。その期限を何時に設定するのかまで決めてないのが自分のアレなところ。あと、オンとオフの部分ははっきりさせよう。色々持ち込まない、引っ張らない。

京都アニソンスペシャルライブ2017@KBSホール

このイベント昨年もあって、メンツ的にちょっと微妙だったのと直前になってモモーイと被ってしまったので回避したが、今年は黒崎真音ZAQ鈴木このみ南條愛乃って普通に強いメンツを揃えてきたのでナンジョルノ見たかったので勢いで申し込んだら当たった。


会場はKBSホール、京都御所の近くだがそれだけで周りに何もない。なので京都御苑でぼんやり開場時間まで待つことに。
いつもはまったり来てるのに気合いが入ってるのは久々にオールスタンディングで2桁の整理番号を引いた。たまにはぎゅうぎゅう詰めの前方で見ようってことで前列の柵近くに陣取る。ここから開演までの1時間が本当に長かった。
今回始まる前から神イベント確定の出来事があった。この日のMCが海平アナだったこと。この事実にワタクシガッツポからの大歓喜!さすがKBS京都、よくわかってる。


ライブの話をしましょう。司会は海平アナとなぜかアニソン評論家()でイエッタイガーにも詳しかった冨田さん。いつも思うが評論家って名乗るとなぜか胡散臭くなるのはなぜでしょう。
ライブは南條愛乃鈴木このみZAQ黒崎真音 というワタクシが得するような順番で進行。
南條愛乃のソロは初めて見る。μ'sの時同様顔ちっちゃかったので半端ないあんなの絶対出来ひんの2014リスアニLIVE以来の涙のロッカールームでした。ユニット時と違ってパーカー羽織った緩い感じがまた良いんですよ。
新曲光のはじまりをライブでは初披露。つーかソロのライブも久しぶりだったみたいで。

聴いた感じ単調そうなボーカルだけど、どこか惹き付けるようなものが彼女にはあって。ユニットとは違う自由な感じがここまでファンを増やしてるのかな。予想通り一番人気でした。あと、MCで出てきた「蛾 キャベツ」で検索したらトンでもないものが出てきて笑った。
鈴木このみはライブツアーの余韻を残しつつ突っ走るようなセットリスト。あれを「中級セットリスト」って言い放つあたりはさすが。このあたりからさらに狭くなって前方中央付近があまりの熱気で雲みたいなのがw こういう場でも期待してたパフォーマンスを見せてくれた。ライブツアーの世界観とは違った衣装でそれは良かった。
ZAQのステージから前方撤退して後方にあったスペースで見ることに(ここまでで見たいものは全部見れたので)。
京都でのイベント→京都アニメーションの曲!Sparkling DaydreamINSIDE IDENTITY中二病OPEDで繋いできたので盛り上がる。個人的にはその次のPhilosophy of Dear Worldが聴けたのがとても大きかったので。
自分の曲よりも楽曲提供の方で忙しいのでソロライブの機会もなかなか無いみたいで。そこは他のアーティストと違ってもどかしい所。アーティストとクリエーターの両立って大変。
以前ソロライブの模様を見たときにヒップホップのような路線だったけどさすがにこういうアニソンフェスの時は気を遣った選曲でした。
黒崎真音はやっぱりトリ。金沢の時と同じようなセットリストだったら割愛しようかと思ったら新曲last desireいれてきたので少しだけ許した。最後はメモリーズラストで締めるいつもの展開。

アニソンフェスのスタンディング形式はもう限界

大体こうなるだろうとは思ってたが、今回のライブ前方がぎゅうぎゅう詰めで後方にそこそこのスペースと段差のあった入り口付近に何故か人が溜まるフロアの様子。入り口付近に人が溜まったのは予想外だったが。そもそもKBSホール自体がライブハウス仕様じゃなく多目的仕様のホールだから。
フェスって名乗るにはちょっと微妙だったけど黒崎真音がフェスって言ってたからアニソンフェスにするが、柵付近で客が張り付いてる段階でここの業界でアーティスト毎に客が入れ替わるようなことは無理ですね、知ってたけど。
その現状を見てたらスタンディングから座席形式になるのはしょうがない流れなのか。DD=誰でも大好きって空気が蔓延してるのが問題なのか。後方でもしっかり観れるからライブ観るのにもう少し緩急をつけても良いんじゃないのって思うのです。


余談ですが、多目的ホールなのにワンドリンクで北加賀屋のみるくらりあっと時の悪夢を想像したがペットボトル1本だったので安心した。これについては良心的。

f:id:rojoblanco:20170618135258j:plain
f:id:rojoblanco:20170618190314j:plain
f:id:rojoblanco:20170618192836j:plain

LiSA LiVE is Smile Always~LiTTLE DEViL PARADE~@神戸ワールド記念ホール

4年ぶりにLiSAのライブに行ってきました。

事の発端はこれ。

現場検証ってw これって普通若干数だから直ぐに売り切れだろうと思ってダメもとでFamiポートを叩いたらあった。こういう時は「行けたら行け!」という教訓があるので即購入。こういうことってあるんですね。
4年前はスタンディングのライブ(自分は指定席でしたがw)今回はアリーナツアー。ここからはネタバレしそうなモード。


オープニングはオリジナルアニメーション。ここはライブハウスでは出来ない演出。横幅いっぱいのビジョンで曲によっては歌詞を写したり詞を噛み締めるような曲も多くなった。その後もアリーナツアーだから出来る演出が続く。スタンディングでのライブも好きだが見せる演出も好きです。特にオレンジサイダーのパフォーマンスも演出が素敵だった。ちょっと見えにくい部分はあったけど。
アリーナツアーは最新アルバム中心の選曲になるのかな?と事前に予想してたが、最新アルバムは全部やらなかった。これは曲の性質上とライブのコンセプトから問題ないと思うが。なので過去のアルバムからの選曲もあってバランス良い選曲だったように感じた。ミライカゼやsay my nameの片想いとか来るから古参の客も楽しませてくれる。
中盤のペンライトを消して下さい演出。これもアリーナツアーだから出来る演出でもあってバックバンドもコスプレしてのパレード。個人的に一番良かったのがLittle Braverのアコースティック→シルシの流れが泣きそうになるくらい良かった。
後半はライブハウスのようなパフォーマンス。Rising Hopeをちゃんとライブで聴いたがこの曲は絶対外せない曲になってたということ。特効の炎が暑かった。本編ラストの曲については後ほど。
アンコールは新曲。最後にリリース日をビジョンにバンっと出す演出は面白い。ヒーローアカデミア7月からのEDなんだけど、局が変わったヒロアカどうなのよ。最後はbest day, best wayで今日は最高に良い日だったという締めの2時間50分のライブでした。

らしさを残しつつ格段に上がったパフォーマンス

ライブハウスのような熱量のライブはそのままアリーナライブには持って来れなかったけど、スタンディングの熱量を残しつつアリーナライブだから出来る立体的な演出や花道を使ったパフォーマンスが印象的。リフト、特効の炎に花火、特大風船...。こういう言い方はどうかと思うがライブに割ける資金が増えたように見えるし、単純に運営金持ってるなってゲスい感想も。
演出もアリーナ仕様で凄かったが、4年前と比べてもパフォーマンスが格段に良くなってた。これだったら他のアーティストからも注目されるしロックフェスにお呼ばれされるのもわかる。
前からミディアムバラードの曲が個人的に好きなんだけど(無色透明とか)本編最後のTODAYはもがき続けるリアルがダイレクトに伝わってこの曲の良さが一層に増した。

条件付き指定席

今回の席は条件付き指定席だったが、ステージ最前だけど真横。なので上段付近にあったビジョンは見えず(あそこにある曲の詞が映し出されたりしてて)。それ以外は普通に神席だと思う。
ただ、真横なのでダンサーが出てくる階段とか開演前の拍手とか舞台裏みたいなものが見れてちょっと面白かった。

f:id:rojoblanco:20170619080940j:plain
f:id:rojoblanco:20170617161339j:plain
f:id:rojoblanco:20170617155213j:plain
f:id:rojoblanco:20170617195959j:plain
f:id:rojoblanco:20170617232506j:plain