そこんとこ

アニメ、アニソン、音楽、ライブ、雑記のわちゃわちゃワイド

東山奈央 1st TOUR"LIVE Infinity"@オリックス劇場

行き先は…快晴だ!
東山奈央初めてのライブツアー@オリックス劇場に行ってきた。

f:id:rojoblanco:20190812170827j:plain

東山奈央は歌える声優で楽曲も自分好みの曲が多く、さらにイベントでの神対応を見てると、ワンマンライブではどんなステージを見せるのか興味があった。

f:id:rojoblanco:20190812135750j:plain

行き先は…炎天下の快晴だった。
ライブの前に物販に並んだ。
公園を囲むように導線が出来て並ぶこと1時間半強。パンフレットとキーホルダー以外のグッズが売り切れてた。
ガチャガチャもあったのでやってみたかったが、売場直前で物販とガチャガチャの列に別れてて、両方利用することは出来ず。また並び直さないといけないので断念。個人的にガチャガチャの印象良くないなあ。

これは声優現場あるあるだけど、初ライブや場数を踏んでない声優さんのライブの物販は速攻で枯れる。
ファンが一斉にグッズを求めて長蛇の列を作る傾向にある。
元々ロット数作ってない小物系のグッズは売り切れるのは想定内だけど、ロット数多く作ってるタオルやTシャツが売り切れるとヤバいサインだ。
物販売り切れの解決策は場数を踏んでグッズの種類が増えたら長蛇の列は解消されるんだけど、場数を踏めるくらい定期的にライブが開催されるのかって部分が難しいところ。



ライブの話。
フライングドッグだから、クールな感じのライブ演出になるのかなって思いながら、自分の中で「これくらいやるだろう」って想定値を出して予想してた。彼女のサービス精神旺盛さが想定値を飛び越えて思った以上のものを出てきた。クールな感じよりも正統派の声優ライブだった。

開幕群青インフィニティ
「うぉーうぉーするぞ!」という彼女の願いは一瞬で叶った。True Destinyと合わせて、瞬発力のある曲でのコール&レスポンスで始まる。熱さを感じさせる。

特徴的だったのはダンスパートとバラードパートにしっかりと時間を割いてたところだ。今回のライブではこの2つはメインディッシュだったように感じる。
ダンスパートはLED映像とのシンクロでの演出。声優ライブではあまり見ないタイプの演出でステージを上手く使ってた。MCでシンクロの演出やりたい!にスタッフからの100倍返しのエピソードは笑った。
(実はこの前の青空ダイアリーでダンスがあったが、ピンで踊ってるので何か物足りないというかフライングドッグよ、ダンサーに金使えよ!って思ったけど後々こういう演出があったとは)
ダンスは上手かどうかはわからないが、練習量の跡はよくわかるものだった。鍛えるよりも出来ることを精一杯やったという感想だ。
バラードパートではMCで声優デビューして10年と歌手活動もすることになって、ライブでも声優の仕事でも「初心」の気持ちを忘れずに思ってるという話。
元々テレビの向こう側でアニメファンだった彼女がここまで来れたこと自体がスゴいことだし、これからどんな表現者に変化していくのか声優としても、歌手としてもこれからが本当に楽しみになる。

f:id:rojoblanco:20190812172514j:plain

終盤は曲数は少ないが熱量が溢れ出すうぉーうぉーするタイム。
盛り上がる曲の弾はそこまで多くはないが、歌手活動やライブ活動が続くとこれからの定番になるだろう曲がまた増えていくという期待を抱きながら。

あと、アルバムの中で一番気になった曲さよならモラトリアムについて。
曲中でのコール&レスポンスやボイスチェンジでキャラソンと声優楽曲が化学反応して爆発した感じが出てて楽しかった。間奏の部分は隣の人と肩組んでの一体感のあるストーリーのある遊び曲だ。こういう曲を聴いちゃうとキャラソンもガンガン聴きたいなあって思うのだが、フライングドッグの事情とかあるのでしょうね。うーん…

f:id:rojoblanco:20190812150340j:plain

ペンライト遠隔操作の件について。
MCで「操られてるぞ!」って彼女もこの演出には好意的。バラエティ溢れる曲に対して曲のテンポによってコロコロ色が変わる仕様なのは演出上ではアリだと思うけど、これ強制されるとつまらない感じがするのでペンライト使わずに素手の丸腰戦術で楽しんでたと思う。
バラードの終盤で強制的に点灯される場面を見ちゃうとねぇ…。


この日のパフォーマンスを見てこれからツアーも、そして海外公演も成功しそうな空気がする(海外はアニメ出てるというアドバンテージが活かせる)。なおぼうの現在地とその先に進む道は快晴だ!と声をあげて言える2時間半のライブでした。楽しかった。

何度目のループのようなマナーの話

mizutamaritaka.hatenablog.com

マナーの話は何年かに一度のペースでやって来て、解決しないまま下火になってまた何年後に違うきっかけで再燃する。そのループだ。
ここで何度も何度もそのループに立ち会ってることに言及するのはナシの方向でw


今回のマナー、さすがにトイレでの盗電ってのはダメでそのための充電器の準備でしょう!→これは同意。

ただ、ゴミの問題についてはちょっと違うよなあ。
「持ち帰る」ことも「運営や施設側が事前に大きなゴミ箱の準備する」ことも行き着く先は同じで。結局はゴミになっちゃうんだよね。
2+2=4と2×2=4 (計算の)方法は違うけど(導き出される)答えは同じってこと。戦術くん。
ゴミの話でも持ち帰っても結局ゴミになるんだから、あたかも持ち帰るが正しいってのは違うと思うんだ。
ワールドカップのゴミ拾いが絶賛されてるけど、運営や施設側の仕事を奪ってる&早く退出しろよ!って話でもあるんだよね。


今回、パルスプラザでライブするってことが滅多にないことなので施設側からしても、どう対応すればいいのか迷ったはず。
普段は展示会や数字系の握手会とかで使われてるから、正直ライブ向きじゃない施設。
そこを差し引いても普段からライブする環境に慣れてる奈々ファンからすると、なかなか過酷な環境だった。平面仕様だったから前方でも見えにくかった。

(本音は大阪城ホールで出来るのが一番なんだけど、箱も争奪戦だからこればかりは仕方ない)
(↑はライブが出来る環境にはいつも感謝してます!って前提で言ってる)


個人的にはマナーの話をウダウダするのは嫌なので、これで最後にして欲しいけどまた何年後かにマナーの話が再燃するでしょう。

外から流れてきたWhat cheer?が僕を受け入れてくれた #LIVE_EXPRESS

f:id:rojoblanco:20190720121742j:plain
NANA MIZUKI LIVE EXPRESS 2019京都初日。
なんでこんなタイトルにしたのか?

「開演2時間前にチケット忘れてることが判明したんだ…」

これまでチケットを忘れることが無かったので初めてのこと。
どうしてこうなったのか?
職場に行く時に使う鞄とイベントに行く時の鞄を別にして使ってる。で、チケットの入ってるファイルを職場→イベントに移すことを忘れてた。筆記具と手帳は移したちゃんと移したのに…。
いつも遠征時には持ち物チェックを作って忘れ物の無いようにしてたが、「今日は京都だから大丈夫か…」って高を括ってた。あと、「今日はモーニング食べるぞ」って意気込んでて時間的に焦ってた所もあった。←これが一番ダメだった要因。


と言うことで、チケットジャーするにも惜しいのでどれくらい遅刻するのかわからなかったがチケットを取りに戻ることに。
如何せん京都でもパルスプラザ↔自宅の往復はキツかった。往復で2時間半はかかった。
(正直本音を言うと大阪城ホールだったら余裕だったのに&18時開演だったらまだ挽回できたのに…16時半開演とは)
17時過ぎになんとか到着。
ほぼスタッフのみの空間に音漏れで流れたWhat cheer?が自分を受け入れてくれた。
この音漏れ、ビックリするくらい漏れてたのでやはりパルスプラザってライブする会場には向いてないよね。音漏れ狙いがそこまで居なかったのは良かったが。
今回B1ブロックの端だったのでスタッフに付き添われながら(場内暗いから仕方ないね)すんなり入れたが、ビックリするくらい端っこ&展示場なので平面の箱だったのでステージが見えにくかった。
が、アンコールのトロッコ曲で間近まで来たのであの一瞬が最大瞬間風速的に神席になったことを報告したい。

f:id:rojoblanco:20190720130812j:plain

なのでこの日の冒頭に例の件ついてのことはその場に立ち会ってないのでわかりません。
仮にチケット忘れずに立ち会ったとしても、このことについては触れないと思う。
それは皆色々と思うところがあるので、それをここで書いて共有することは違うと思うし、自分達に今出来ることって限られてると思うので、自分が出来ることをいつも通りにやることだ。

f:id:rojoblanco:20190720124406j:plain

遅刻した僕を受け入れてくれたWhat cheer?とHeartbeatは古参の僕には突き刺さるものがあったのでやっぱり今回のツアーは「俺たちの水樹奈々が帰ってきた」と叫ばざるを得ない。
今回は古参なのでTake a shotについて
ダンス曲って認識なんだけど、これが披露された当時はサビの振り付けについて「雲竜型だ!」って騒いでて雲竜型の曲って認識になってたけど、改めて見ると雲竜型じゃなくグレイシー一族のトレーニングのような振り付けの認識に変わった。たぶんこの認識が変わったのは奈々ちゃんがアスリート並みのトレーニングで鍛えてるからそのように見えるだけかもしれないが。
どっちにしろ格闘技のような振り付け曲って結論になるんですけどね。

f:id:rojoblanco:20190720194511j:plain

「ガッカリした」を言わせない

最近、某現場についての不満をよく聞く。
TL上では賛否両論のようで、現場に行ってないからわからないのが正直なところ。
個人的には

f:id:rojoblanco:20190715202902j:plain

色々な話を聞きたいわけだ。
不満を聞いてると「○○○○○よ、これでいいのか?」ってお題目で議論してほしいけど。

結局のところ、冒頭の「ガッカリした」って一言でまとめられるけど、これを言わないようにする防衛ラインが存在する。
これを言ってしまうとこの現場が終わりって意味だから、個人的には言わないようにしてる。
それかその前に現場から離れるか、「合わなかった」の合う合わないの判断基準にしてる。



余談だが、チェキ帳の話で熱いお叱りを受けるみたいだがそっちの現場はどうなってるのか聞きたいものだ。

NANA MIZUKI LIVE EXPRESS 2019@神戸ワールド記念ホール2日目 #LIVE_EXPRESS

奈々ちゃんのLIVE EXPRESSツアーが始まった!
f:id:rojoblanco:20190714213148j:plain

例年のパターンだと大阪城ホール2Daysなんだけど、今年は神戸と京都で2Daysずつという構成。
2Daysとも行こうか悩んだが、FC先行で2日間のうちどちらか弾かれそうな予感がしてたので1日ずつ行く方針にした。ただ、自分がチョイスした日が倍率高い日でよく当たった。
言い訳をすると、初日は物販とか混むから2日目にしよう→7月7日までは考えてなかった。

f:id:rojoblanco:20190707125033j:plain

神戸ワールド記念ホール
何回か別のライブで来たことあるが会場周辺が狭いイメージがあった。
物販は会場から別方向の市民広場で。
恒例の「何時間並ぶかな?」は自分が着いた時間が列のピークだった感じで、1時間ちょっとで購入できた。ただ、コラボイヤホンは売り切れてた。
f:id:rojoblanco:20190714181220p:plain
古参だけど、pioneerとのコラボは胸が熱くなりますよね。
昔と比べると3時間並ぶってことは無くなったので年齢層が上がったのかグッズのセンスが…なんでもないです。


ここからライブ本編の話。ネタバレ有り。
今回のツアーは「EXPRESS→届ける、送る」がテーマ。これまで名詞がテーマになることが多かったが、動詞がテーマにってのは珍しいか。
MCでは七夕なので願い事の話。自分より若い声優さんの結婚に気にしてる&本名で願い事書いてたw
夏ツアー恒例の企画コーナー、サンキューEXPRESSは10年以上歌ってない曲を披露するという古参大喜びの企画。この日はWhite Lieでした。MCでLIVE FIGHTER以来11年ぶりに歌うってこと。代々木の2日間もいい思い出だった。
ブリッジムービーの情報量がこれまでのツアーの中で一番多い。そこからの新曲METANOIA

水樹奈々「METANOIA」MUSIC CLIP(Short Ver.)
初めてフルコーラスで聴いた。WHAT YOU WANTからのパンクロック路線が上手く昇華してると言うか対応できてるように感じる。シンフォギアもこれでラストだからこのタイプの曲で集大成にもなるし。
アンコールではフォークリフト型のトロッコが出てきて仕事柄笑った。この日のお知らせは香港公演が決定したこと。周りからあの人の名前が上がるほどだ。
最後はダブルアンコールは無かったが7月7日の後半をアカペラで歌う演出で締めた。


今回のツアーの感想をBBCの記者っぽく書くのなら冒頭は
「俺たちの水樹奈々が帰ってきた!」
だろう。
勿論、これまでのツアーでも古参のハートには触れるような選曲や発言もあった。しかしEXPRESSツアーはハートに突き刺さるような選曲と発言が相次いだ。古参のファンにとっては2005年のROCKETや2006年のUNIVERSツアーのような熱さを感じさせた。初日の終演後にあった今回のツアー積み増しした方が良い発言も納得できる。
1つ気になったのが、本編ラストのサーチライトでのスマホのライトをかざす演出。
初日に早い時間から感想が出てたのでおかしいなあ…?と思ってたらこういう演出があったとは。ペンライトの色とは違う感じになるので新鮮だけど、いつも電源落としてるのでこれから機内モードにするべきなのか?って考える。ファンの良心を信じる演出はやっぱり色々リスクがある。

f:id:rojoblanco:20190707192241j:plain

この日はアリーナの36列目でした。神戸ワールドでもアリーナの後方だとステージが見えにくかったがトロッコ演出で近くまで来たから許す。
あと、このツアーで出来るだけペンライトを使わずに盛り上がることを目標にした。素手とペンライトの割合は半々だったが、隣も素手勢だったので浮くことなく楽しめた。

GARNiDELiA stellacage Asia Tour 2019~響喜乱舞~@なんばHatch

GARNiDELiAは初めて見る。
個人的なイメージはスピード感のあってメロディアスなデジタルロック。
時おり見せるErrorのようなブレーキのかかったような曲があるのが気になって。
あと、中国でなんでウケたのか…。色々見立てたり気になったりで。

f:id:rojoblanco:20190630162337j:plain
会場はなんばHatch
今回は珍しく1Fに指定席とスタンディングが共存する仕様に。ただ、スタンディングはここまで椅子を入れない場所をスタンディングに転用しただけの狭いスペース。
セットは傘をあしらった祭りの縁日をイメージした感じ。「和」を連想させるセットで、アジアで闘うにはこういうセットがウケるのかな?って思った。


ライブ本編の話。
お祭り気分で始まった響喜乱舞から序盤はクラブ音楽のノリ。アブラカタブラなんかはライブだとこう変化するのか?って発見も。横に動くトロッコみたいな乗り物もあってステージの幅を上手く使ってる。
中盤には聴かせるバラード曲。アゲる曲と聴かせる曲をはっきりさせてるのは良かった。あと、早着替えがあって、ライブハウス仕様よりもエンタメ重視してるライブなんだなって印象。
終盤は盛り上がるタイム。ビックリしたのはセットリストごっそり変えて予習殺しをしてきたこと。ごっそり変えたことが珍しかったので。
個人的に聴きたい曲でセットリスト的に構想外と思ってたSPEED STARやってくれて嬉しかった。grillettoambiguousの犠牲と引き換えに…。
そうそうHysteric Bulletの入りが入れなかった痛恨のミス。もう1回やり直したんですけど、アンコールでのメイリアの熱い言い訳で笑った。
アンコールは「自分達の運命を変えた曲」って紹介からの極楽浄土で締める。




まず一番に語りたいのは
「2時間ほぼノンストップで歌って踊ったメイリアがスゴくてエロかった」
MCでベラベラ喋ることなくほぼノンストップでのパフォーマンスは圧巻だった。個人的にはこういうのがライブだと思うし好感が持てる、MCが長すぎるのはどうかと思うけどね。
中国でウケたのは理由は最後までわからなかった。
国内で支持されてて、自分が聴きたいGARNiDELiAの音楽と中国でウケてる音楽が違ってたのは面白いし、極楽浄土みたいな曲が日本で全面に出ても…ウケないだろうなあ。
でも、アジアツアーだからアジアで通用するセットリストや演出って考えるとこれで良いのかな、躍り覚えたらさらに楽しくなるけど。
だから、このライブには2つのジャンルの音楽が共存してる空間だった。


あと、ガルニデ現場が荒れてるって噂を昔聞いた。
違うジャンルの楽曲が入ってるから厄介は淘汰されたように思うんだけど、曲中に喋ってるファンも居て荒れてた空気は感じたので噂は間違ってないねって結論に。

アニサマのこと(アーティスト寄りなのかアニメ作品寄りなのか?)

アニサマの話で盛り上がってたので遅ればせながらここでも語っておかないと。


自分は2011年に参加しただけだ。
それで何が語れるのか?って言われたらそれまでだけど、2days参加して祝祭感だけは半端なかった。アニサマってフェス云々以前に祝祭感の中でアニソンを聴くイベントなんだと。
「声優偏重だ!」って言ってることもよくわかる。
あの当時はそこまで声優偏重のラインナップでもなく、どちらかと言うとアニメ作品よりもアーティスト重視の路線だった。
ただ、感じるところがあった。
茅原実里の時に新曲が境界線上のホライゾンでアニメ映像流しながら歌ってる姿に、今後は作品をベースに置いたキャスティングや演出があるのだろうって思いながら。

思い出してみて、この年の作品系はロウきゅーぶ!声優ユニットRO-KYU-BU!が出た。
それを知る前からチケット取ってたが、この参戦に一気に日曜日の目玉ユニットになった(個人的)。
この年を境にアイマスもデレマスもμ'sもAqoursも…色々なアイドル作品のユニットが出るようになってアニサマは自然とアニメ作品重視の路線に変わっていったのかなって思ってる。


そりゃ自分も声優偏重や作品重視のキャスティングよりもアーティスト重視のキャスティングのアニサマだったら行きたかったけど、前者の方が需要があるからこればっかりは仕方ないって思ってる。


ただ、アニサマってアニマックスやリスアニどちらのキャスティングも受け入れてる収容所みたいな印象もある。
アニマックスはアニメ作品寄りの路線で、リスアニはアーティスト寄りの路線。どっちも出てアニサマ出るアーティストや声優も居るが、どちらか片方に出る印象が強い。


結局のところアニサマはアニメ作品寄りの路線とアーティスト寄りの路線を両取りしたいけど、どちらのファンの要望が強くて揺れてる。


自信があるんだったらアイマスラブライブのユニットをばっさり切りたいけど、ユニットの声優がソロデビューすると…切れないよなあ。


なんか語ってるうちに難しいよなあって思って。色々な妥協が必要なんだろうね。
個人的には作品系のユニットに足を突っ込むようなことは今更出来ない。

そういえば、犬フェスの2回目はワルキューレのバラ売りを実施してて。箱が小さいからとは言えそのやり口はどうなんだ?って