そこんとこ

アニメ、アニソン、音楽、ライブ、雑記のわちゃわちゃワイド

チケット代2倍になっても買いますか?


「これレーベルどこだ?」って調べたらポニーキャニオンだったので納得したし、こんなクソな価格設定するならポニキャンしかない!って思ってたので怒りを通り越して呆れてる。それくらいポニーキャニオンというレーベルを信用してない。

どう思う?
「これ買うの?」「ここまで出して買うの?」それくらい価値があるんだったら鬼頭明里のライブは即STARTING LEGENDの目撃者ですよ古参声優オタクの例え。お金と価値の側面で思うところがある。
「好きなら出すけど当たればラッキーくらい熱が冷めてるかもしれない」が自分の見解。
仮に自分がこのライブ買ったことで心配してるのが、この価格設定が時間の経過と共に適正価格になって12000円のチケット代が定着すること。
チケット代この20年間でじわじわ上がってるインフレ傾向だから有り得る展開。

このお約束が
「意地でも何をしても1stライブツアーをやらなければならない事情があるんじゃね?」
を引き出してる。
声優アーティストとして売り出したい事情が見えるけど、今の鬼頭明里にそこまでの器があるのか?って言われたら、そこまで無いよねって断言できる。ちょっと過大評価過ぎる。
(和ゴニョゴニョとは言わないが20代前半の女性声優のビジュアル重視のプッシュには解せないものがある)

みんな思うところがあるので、賛否両論ワーワー言ってるところに水差し野郎の冨田でございますって聞こえてきそう。どんな意義があるのか気になるけど、課金してまで聴くのはちょっと...。



ところで鬼頭明里のアルバムってそんなに良いの?
楽曲のオタクが絶賛らしいけど、あそこクラスタとは微妙に合わないんだよなあ。個人的にはもっとキャラソン歌って欲しいんだけど。