そこんとこ

アニメ、アニソン、音楽、ライブ、雑記のわちゃわちゃワイド

波よ聞いてくれを見てコミュニティーFMに遊びに行ってた思い出

namiyo-anime.com
2020春アニメ、どれを見てどれを語りたいか!?ってなったら迷わずに波よ聞いてくれを選ぶ。

原作未読。北海道のFMラジオ局が舞台の作品とか面白そうって思ったけど主人公の鼓田ミナレが強烈すぎて一発でハマった。喋り手という側面でのラジオパーソナリティの才能も垣間見れてさらに面白い。

作品のことよりも自分が思い出したのは20年以上前にコミュニティFMに遊びにいったことだ。
3話でADの娘が「コミュニティFMは放送部の延長線上のような設備」って件があったけど、当時は放送部の経験とか全くないからオープンスタジオと隣のCDが山積みにされた部屋が自分には新鮮な光景だった。
スタジオのある○○の本社に平然と入っていったのは現在では絶対できないこと。色々オープンすぎたよ。
ステッカー貰って貼ってCDギフト券貰ったり、知らないアーティストのサイン入り非売品CD貰ったり(結局誰かわからないままだった)して8cmCDだらけの部屋に入り浸ってた。
生放送で喋ったこともあった&CD持ち込んで流してくれたこともあった。何を流したのかと言うとこれ


Slayers Return/Just be conscious

曲紹介の時にベラベラ喋ってスベり気味だったことを思い出して自分にはラジオパーソナリティのポジションはダメだなって突き付けられた。
だからミナレさんは生放送ですらすらとあれだけの言葉を叩きつけることが出来るのは才能だと思う。
で、選曲。
今では市民権得て普通に流せる環境にあるけど、当時は前しか見てなくてよく流したなあって後々ゾッとした。
あの時覚えてるのはその放送でFAXで「〇〇〇メイツは×××に集合」が釣れたことはよく覚えてるし、その1年後にその歌ってる人をゲストに呼んで公開録音したことはよーく覚えてる。ゲストで呼べたのはちょっとだけ自分の功績があると思ってる、口には出さないが。


こんな20年以上前のことを思い出させてくれるから波よ聞いてくれはオススメなんだ。
1話の後に原作読んだけど、ラジオの話以上に重たい話の連発でこれ大丈夫か?って思うくらいだ。あと、7巻読んでこれは作者が北海道在住だから描けることかな。