そこんとこ

アニメ、アニソン、音楽、ライブ、雑記のわちゃわちゃワイド

【感想】苦悩を乗り越えた先にあったのは:「劇場版響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~」#anime_eupho

劇場版響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~観てきた。

f:id:rojoblanco:20190420205731j:plain

どういう感想を書いてもネタバレしような気がしたので、観て感じたことを中心に。


面白かった。終始アニメ1期のような重たい空気が流れてたが最後は上手に纏めてた構成力は評価すべきこと。青春映画だ!って言いたくなるが他のサンプルが無いからなんとも言えないところ。
そりゃ欲を言うならこれを1クール12話の尺に伸ばしてやっても良かったのでは?って思うけど、これ毎週大荒れの展開になるから劇場版の尺で正解かもしれない。


久美子の苦悩、1年生の苦悩がよく表せてた。
美玲の周りに溶け込みたいがそれを邪魔するプライドや奏のクレバーと言うか周りがよく見え過ぎてる性格が、面倒くさく感じる。
その苦悩をぶつかって乗り越えて、正解かどうかわからないし結果が出るかどうかわからない中を乗り越えた先がこのシリーズを帰結するシーン
「これ本当のフィナーレだ」
「これ以上話を拾いに行くのは野暮だ」
って感じた。ここでユーフォニアムのシリーズは終わりだ。



奏の演技について。
雨宮天はもっと評価されても良い。これまでは演じるキャラクターが限定されてたりして燻ってた印象が強かったが、この演技が終始出来るのであれば演技の幅が広がって面白い役も貰える。


そして主題歌Blast!が作品からオーバーラップするかのように入ってくる。

TRUEライブの時に「私と久美子の曲」って説明してたことがストン!っと自分の中に入って納得できた。
そして作詞家唐沢美帆さんはこういう風に感じたことも伝わったし、これも間違いじゃない。


色々語りたいことが多いが、個人的に推したいのは加部ちゃん先輩だ。
主要キャラ1年生キャラじゃないが、個人的に印象に残ったのは加部ちゃん先輩。加部ちゃん先輩の苦悩や行動に共鳴してダイレクトに入ってきた。(加部ちゃん先輩視点でのスピンオフとか見たいなあ...)

f:id:rojoblanco:20190421004016j:plain

演奏シーンのこととか選曲とか色々語りたいが話が尽きないので。
言えることは久美子の視点でも1年生の視点でも加部ちゃん先輩視点でも、どの切り口で観ても面白いってことだ。
今年はGWが10連休なので空いた日にもう1回は観に行く予定だ。