そこんとこ

アニメ、アニソン、音楽、ライブ、雑記のわちゃわちゃワイド

petit milady 5thアルバム「Howling!!」発売記念フリーイベント@あまがさきキューズモール

2019年のイベント始めはプチミレで。
f:id:rojoblanco:20190113134012j:plain
会場は尼崎のキューズモール。あべのや森ノ宮と比べると場所が分かりにくかったり建物に囲まれて開放的じゃない空間。
到着したちょっと後にリハーサルが始まったが、優先エリアに入れてない&場所が横長で通路や導線がわからなく人が溜まる最悪の構図。この時点でここでイベントするのが間違ってるしイベントする環境じゃない。
リハーサルはちょっと見れたが、フリーエリアが開放されると全く見えないことに。ここまでは想定内だったが...。
プチミレと言えば昔強い曲があった。

[UNOFFICIAL CHANNEL] Petit Milady - Azurite

Azuriteを聴いたときにバリバリの売れ線のメロディラインだったのでこれはもっと売れると思ったらあまり伸びず...。でも売れ線から外れたことは今になって考えると正解だったかな。売れてたら壊れてたかもしれない。
イベントは蜂のコスプレ(よく見えなかった)で登場して寒い寒いとトークして360゜星のオーケストラとアルバムの表題曲Howlingを披露。
曲聴いてて感じたのは、プチミレは悠木碧がノビノビやってるようなユニットだと。あまり意識して歌わせるよりも本人のやりたいように歌ってるようい見えた。だからアルバムも5枚出せるしここまでユニットが続いてる。
f:id:rojoblanco:20190113133058j:plain
ハイタッチもちょっとだけ見てた。「スペースが必要だ!」で撤収されたけど、円状に客を並ばせて2人が周回を廻ってハイタッチするちょっと斬新だった。これの方が楽しそうだった。

イベントは楽しかったがあまがさきのキューズモールではイベントするな!って言いたくなる立地だった。

で、イベント後他の曲も聴いてみたかったのでCD借りたんだがこれが良かったんだ。

Howling!!(通常盤)

Howling!!(通常盤)

触れ込みはプチミレ的なロックみたいだけど、ポップ寄りのロックというか凝った作りになってる。うーん、この例えがどうかわからないが千葉紗子のアルバムを聴いたときのような感覚を思い出した。
She CAN DROPSbe myselfの直球ロック曲から世界中が恋をする夜のポップな感じに仕上がってる曲といい聴けば聴くほどやっぱり凝った作りになってる。