らじょlog

アニメに音楽にDROIT AU BUT

ミナミホイール2018 2日目に行ってきました

観たいアーティストと自分の予定が空いたのでミナミホイールに行ってきました。
f:id:rojoblanco:20181007133012j:plain
ナナヲアカリ→802の公開収録→(ちょっと休憩して)the mother's booth→Яeal→ましのみ→ReoNa→スピラ・スピカ を観てきました。

・ナナヲアカリ
パス交換してどれから見ようか迷ったがFANJtwiceへ。15分前に入ったがほぼ満員だった。
社会不適合系ダメポップってスゴい斬新だけど彼女のプロデュース力は普通に凄いと感じた。そりゃこれだけの箱埋めるわ。
ハッピーシュガーライフのOPのワンルームシュガーライフの人か...。この作品チェックしてなかったんだけど結局どうだったんだろう。この曲以外にも「んなわけない」って曲も良かったし、ネガティブの新しいベクトルなんじゃないのかな。気になったよ。

・802の公開収録
なんとなく気づいてるけど802だって背に腹はかえられない状況で。BIG STEPの階段下で好きなアニメのプレゼンするんだから時代の流れを感じる。ライブ後のナナヲアカリさんがfateのプレゼンで大暴れしたのが印象的。その後もスゴかったが...

・the mother's booth
この時間はどれを見ようか決め手に欠いてたのでバンド系でAtlantiQsへ。序盤が激しい爆音ロックでどうかなって思ったが3曲目以降のミディアム系の曲が良かったし合ってた。独自の路線に引き込むようなボーカルだった。

Яeal
時間が少し空いてるのでJANUSへ移動。
ガールズバンド、ポケモンの曲もやってる、名前は聞いたことあるがどんな曲やるか気になってた。
見た目とのギャップのある「ああ、若いなあ」って感じるガールズロック。キャリアも経験もありそうなのでこういう場の乗せ方もわかってる。ちょっと自分の思ってた音楽とは違ってた。

・ましのみ
アメ村と心斎橋エリアで15分ずらしてるので急いでBEYONDへ移動。着いたと同時にライブスタートの時間だった。
ストイックにデトックスしてる世界観が凄かったしMCの謎寸劇もあった。面白い個性的なポップスだった。これも気になる気になる。
終演後の物販行ってみよう(グッズのイラストがおほ先生が描いてるので)と思ったが、どこの会場もすぐに埋まって入場規制にかかりそうだったので諦めた。

・ReoNa
ソードアートのキャラソンみたいなの?から出てきてデビューしたって認識で良いのかな?名前は聞いたことあるが気になってた。金髪がきれいだった。
MCの弱々しい喋りとは一転、歌うと芯を持った力強さを感じるボーカルのギャップがスゴい。激しい曲は藍井エイルを連想しバラードにはAimerっぽさを感じるソニーが好きそうなボーカルだが、個人的には後者の方が合ってると思う。

・スピラ・スピカ
ReoNaからDROP連チャンだったが30分待つのは腰が痛くて辛いです。
3ピースバンド、名前はソニーのCM等で聞いたことある。ボーカルの幹葉ちゃんが星空凛井澤詩織豊崎愛生を足して3で割ったようなショートヘアーの夢が詰まった感じが最高だった。
肝心の曲はさわやかなロック。じゃんけんの曲?が良かったりさわやかなガールロックが好きな人は好きだと思う。スタートダッシュが一番盛り上がった。


終わってみればガールズロックにポップスの方向に振り切ってた。
知らない音楽に出会えるのは本当に楽しい。ここが全てだと思う。
ただ、前に行ったときよりも客層が変わっててアイドル現場やアニソン現場とよく似た空気があったり。イエッタイガーオタクと何本か被ってたり、あのシンガーの名前連呼してたりそれはどうなんだ?って。
それよりもどの会場もほぼ満員の状況で並ばないと&早く入ってないと入場規制かかっちゃう可能性があったのでフラッと会場に入って音楽を聴くような余裕の無いサーキットイベントになってたのは考えちゃう。
何度も言うが知らない音楽に出会うのは楽しいから音楽好きな人には満足なフェスでした。