らじょlog

アニメに音楽にDROIT AU BUT

京まふに行ったが今年も微妙すぎて何とも言えない気持ちになった話

この連休時間が空いたので京都国際マンガ・アニメフェア2018略して京まふに行ってきた
kyomaf.kyoto

f:id:rojoblanco:20180916155908j:plain
このイベント、なんだかんだで毎年足を運んでるが昨年は行ってないと思う。自分的には秋アニメの新作を拾える見るか見ないかの判断材料にしてる意味合いもあったが、近年は秋アニメよりも夏アニメをしっかり追うって方向で出展してるブースが多いので旨味成分が無い。
今年も行ってみると人だかりに比べてブースの数も少なく夏アニメを追う方向は変わらずなので見所が少なかった。そしていつも出展してるP.A.WORKSすら居なくていよいよこのイベントヤバいんじゃないかって。
f:id:rojoblanco:20180916153750j:plain
f:id:rojoblanco:20180916153757j:plain
f:id:rojoblanco:20180916141328j:plain
それでも秋の新作アニメは出てるので見てきた。主にKADOKAWAのブースだがこれとMBSのブースで予告編を見た色づく世界の明日からかな、注目は。噂によると秋アニメは期待して良いらしいから他の作品にも期待するか。


f:id:rojoblanco:20180916135707j:plain
何が良いのかとか具体的なことはわからないけど、Fate GrandOrderのブース見てて「Fate金持ってて儲かってるなあ」がよく現れてた。ゲームやってないからわからないけど、そういうオーラは出てた。


申し込み無しで見ることの出来るオープンイベントも見てきた。
22/7のステージだったが立ち見だったので全く見えず。ただ、着席エリアと立ち見後方のピンチケエリアの温度差がスゴかったという感想しかない。このユニット、ゴールはユニットに留まることじゃなくここから羽ばたくことだと思うが果たして何人羽ばたくことが出来るのか。
ベルゼブブのお気に召すまま。のトークショーも見てきたが、当然のように全く見えず。加隈ちゃんは辛うじて見えたが久野ちゃんは全く見えず。腰にも響く立ち見だったので途中でお買い物して撤収した。

f:id:rojoblanco:20180916201501j:plain
こういうイベントではお買い物しないが、ゆるキャンのしまリングッズを見て思わず手が出た。クリアファイルはラス1でした。

ブースの人だかりだけど前に行ったときには見られなかったブース内に声優呼んでのトークショーがあちらこちらであった。そりゃ人だかりになるよね。でも、そういう光景見てたらこのイベントも集客に苦しんでるのが見えた。
来年以降もこういう状況が続くんだろうなあと思うが、そもそも地元の京都アニメーションにそっぽ向かれてる時点でねぇ...ここを改善しない限りじり貧なのは見えてる。