らじょlog

アニメに音楽にDROIT AU BUT

LiSA Live is Smile Always~ASIA TOUR2018~[eN]@大阪城ホール1日目:100本目のワンマンライブ #LiSA

綾野ましろのリリースイベントの後は急いで大阪城ホールへ。LiSAのアジアツアー大阪城ホールの初日。
f:id:rojoblanco:20180630152609j:plain

初めての立見席

会社のカレンダーで月曜が休みが予めわかっていたので2日目を先行予約で取っていた。ライブの週に入ってから「初日のチケットってあるのかな?」という疑問が。調べたら座席はなかったが立見席はあったので「じゃあ初日も行くか!」ってノリでチケット取った。
何気に大阪城ホールの立見って初めて。ガイシホールの立見は経験があるけど、整理番号が記載されてなく開場と同時に入って早い者勝ちって構図だったことと記憶してる。
大阪城ホールは整理番号が記載されている。ライブハウスと同じ要領で番号順に呼び出しがあってそのまま入る→立見席用の順路があって進んでいくとスタンド最上段のスペースにたどり着くという仕組み。あれは上手く出来てた。
さすがに後方の最上段+前の客で見えにくいが、跳びやすいという利点もあった。アリーナクラス以上の箱での見やすさを考えるとまだ見やすい部類に入るのかな?って。ただ、立見席が売り切れてたらどういう見やすさになるのかはわからないが。

eN=円、怨、艶、演、縁

ライブの話。
タイトルのeNってなんだ?いざライブが始まってみると色々な「eN」をステージで表現してた。印象的だったのは「怨」悪いことを表現する、歌うってことに躊躇がないこと。選曲は2枚組のベストアルバムから。気がつけば彼女は色々なタイプの曲を歌うようになっていた。

100本目のワンマンライブでロックヒロインを見た

MCでこの日のライブが100本目のワンマンライブだった。そして彼女の口から最初の大阪でのワンマンライブの話をした。このライブ自分も行ってたが、あの7年前のライブから大阪城ホールを埋めるくらいまで彼女の音楽を支持する人が居ることに、ロックヒロインが生まれる瞬間に立ち会えたことがこの日のライブの最大の楽しかったことだ。

「LiSA半端ないって」に思うこと

アンコールの最後に(今回本編とアンコールがわからない構成と演出でした)ファンが「LiSA半端ないって」と叫んで各所からありがとうよりも称賛の言葉→で、これをLiSAが拾っちゃったこと。
1サッカーファンとしてこの一夜にしてサッカースラングが一変したんだなと感慨深くなると同時に「何が半端ないのか」を明確にしないと彼女の何がスゴかったのかが見えてこない。
ファンが半端ないってと叫んだ後の続きが「後ろ向きのボールを...」にちょっと殴りそうになった。そこをこの日のライブの何がスゴいのかをオリジナルで表現するんだよ!ってちょっと怒ってた。
せっかく楽しかった良かったライブだから、その人なりの言葉でライブの感想を伝えて欲しかった。