らじょlog

アニメに音楽にDROIT AU BUT

鈴木このみ4th Live Tour 2018~Magic Hour~@日比谷野外大音楽堂に行ってきました #鈴木このみ

行ってきましたこのみん野音
f:id:rojoblanco:20180519155042j:plain
日比谷野音は2002年の飯塚雅弓以来の16年ぶり。16年前で覚えてることは

  • その日は雨だった
  • 一般でチケット取ったらまさかの最前で晴れてたら目の前通過という神イベ発生だったが叶わず
  • アルバム出る前でほぼオール新曲でこれが良かった
  • その日W杯3位決定戦でトルコが韓国に勝って終演後万歳三唱した

これはこれで記憶に残るライブだったが、晴れた空の下でライブが観たい。
1週間前から天気予報とにらめっこする日々。雨マークだったのでこれはレインコート準備する方向で動いてたが、朝には止んで青空が見えたりした。にわか雨の予報で降りそうな曇が出てたので一応雨対策でレインコートを準備。
f:id:rojoblanco:20180519162106j:plain
f:id:rojoblanco:20180519161722j:plain
時間があったので日比谷公園を散策。都会のど真ん中に広い園内に緑が多いのも意外だった。近くでドイツビールとか呑めるイベントが開催されてたが、びっくりするくらいの価格で萎えたので撤収。


ライブ本編の話。
「雨は降ること無く無事晴れたしこの時期らしい快適な環境だった」
雨→曇→晴れるという流れが最高すぎる。夕暮れ前の景色も良い景色だった。夜になって星は見えないが空を見ながら心地よい風に吹かれて好きな曲を噛み締める環境がただただ最高だった。
野外だとどの曲もいつもの3割増で良くなる。
アルカテイルも心地よい風と夕焼け空が似合うKey曲。Sky Blue OASISも同じく夏にピッタリのタオル曲だった。後方にステージを作ってて自分の席が真ん中付近だったら最高だったのに(Cブロックの6列目でした)。
今回のツアーの見所のmiss blueの弾き語り、間奏のところがエモだった。その後のLove is MY RAILの落ちサビUOと空の色のコントラストがきれいだった。
歌えばそこに君がいるからは聴けば聴くほどエモーションな部分を揺さぶられる曲。今回のツアーで曲としての骨格が作り上げた感じがした。

歌えばそこに君がいるから(アーティスト盤)

歌えばそこに君がいるから(アーティスト盤)

Absolute SoulDAYS of DASHの流れも好き。アブソの高音ロングトーンと疾走感がよく出てた。

アンコールはステージ壁に星座を映し出してMY SHINING RAYが綺麗だった。晴れて良かった夜空を眺めてOne day sky
MCで肝心な所で噛んだファンクラブツアー(ユルっとキャンプ→ゆるキャンでざわつく客席w)とアジアツアーの発表。豊洲PITは行きたいなあ…って大阪と名古屋が無くてこれは?って。
ラストはThis gameで締める。あのロングトーンはいつ聴いても最高だ。なお、落ちサビでUO折ろうとしたら1本折れず不発弾となった(´・ω・`)

f:id:rojoblanco:20180519151539j:plain
f:id:rojoblanco:20180519151543j:plain
f:id:rojoblanco:20180519165816j:plain
f:id:rojoblanco:20180519165827j:plain

Magic Hourツアー振り返って

今回のツアーは新曲がメインだけど、個人的に2ndアルバム以降の楽曲とカップリング曲を印象的に入れた内容。3rdツアーとスタンディングツアーでは不遇な扱いを受けてたから2ndアルバム好きにはナイスな選曲だと。
あと、野外を意識した選曲や演出が印象的。「こういう情景で歌いたい!聴きたい!」 を実現させた。大阪と名古屋がリハーサルでイメージトレーニングとしたら野音が本番で見たことない景色を見せてもらった。 さらなる進化を感じさせる、次なるワクワクを感じさせるツアーでした。