らじょlog

アニメに音楽にDROIT AU BUT

fhana 3rdアルバム「World Atlas」発売記念イベント@あべのキューズモール

f:id:rojoblanco:20180408142826j:plain
このみライブの前、時間があったのでfhanaのリリースイベントに行ってきた。物販の心配もあったけど会場周辺が何もないから開場ギリギリに行こうって(物販で本人降臨してたって話にはビックリしたが)
30分前くらいに着いたが、気になることが。CD購入者の優先観覧エリアよりもフリー観覧エリアの人の方が多かった。購入者<フリーって構図が思った以上に出てたのが大丈夫かな?と。結局空いてた優先観覧エリアをフリーに開放されたのでそこそこ前の方で見れることに。スタートまで流れてたBGMで流れてたアルバムの曲は良かったが。
イベントはアルバムから4曲披露。ナイツ&マジックのOPは盛り上がれそうな曲だが、サビがくどいなあって。ケヴィンさんのノリと客が求めてるノリがずれてて見ててうーん…となった。シャレオツアニクラのノリだけど客は曲の良さやシャレオツ感に魅せられてるわけで。
MCでユニットじゃなくバンドと言ってたのが以前から気になることで。バンドらしいチームワークみたいなものを感じないし、メンバー個々の作ったものをそれぞれが咀嚼したようなパフォーマンス。
今回のアルバムは昨年のライブからの集大成として構想2年で作ってたが、出来上がったら集大成よりも通過点になったという発言。「集大成」ってことはこのユニットもいつまで続くのかメンバーもわからなかったと捉えちゃうが。
最後は青空のラプソディで締める。気がつけばこのユニット一番のキラーソングになってたので大事にして欲しい。イベント後の特典お渡し会は購入者のみ&時間の都合で撤退。


6月のツアー気になるが、大阪の日はtowanaの誕生日ってことでちょっと違う雰囲気のライブになるのかなって期待。