らじょlog

アニメに音楽にDROIT AU BUT

中島愛 Megumi Nakajima Live Tour2018 "Curiosity of Love"@Zepp Osaka Bayside行ってきました #中島愛

Zepp Osaka Baysideであったまめぐのライブに行ってきました。
f:id:rojoblanco:20180401163333j:plain
前にリリースイベントには行ったことがあったみたいだが、あれが9年前みたいであの頃のイメージしか残ってないがライブは初めて。
とにかくアルバムの出来が良かったのでアルバムの曲を生で聴いてみたい!が一番にあった。


そのライブはアルバムCuriosityの曲を中心に(全部やってくれた)後は定番曲をどの作品にも配慮するかのようなバランスの良い選曲。星間飛行はイントロで盛り上がるしいつ聴いてもこの曲は外せない。
復帰してからのまめぐの楽曲はアイドルのストライクゾーンのボール一個分外したような曲ばかりで面白い。時にテンポの速い曲、残像のアヴァロンや未来の記憶をライブだとどうアレンジするのか興味があった。CDでのテンポはそのままでドラムが必死に叩いて疾走感を作り出すアレンジが堪らない。
MCは4月1日ってことでエイプリルフールネタ。ベース竜太さんの「ムーンウォーク科の教授になった」から始まってのメンバーでの嘘つき合戦。「ママぐ」が爆笑だった。終いにはどれが嘘でどれが本当かわからなくなったw
個人的にMCのイメージが昭和アイドルとWWEネタで止まってるから客煽りや弄りが出来てたのがビックリしたわけで。10年の流れでアイドルから声優&歌手へと変わっていったことを強く感じた。


思ったのは、彼女にはWelcome backよりもComing backってのが似合ってると。帰るべき場所よりも大きくなって再び戻ってきたという印象だ。CDのレビューで変貌したランカ・リーとか書いてたが、お休みの間に進化した姿で戻ってきた。
客層は10年前の作品ってこともあって、そんなに若いファンは居なくて年齢的にもちょっと高め。客が全盛期より減ってしまうのは仕方無いこと。寧ろ仮に若いファンが多く来てたらこんな平和な空気にはなってないと思う。
10年経ってもお休みしてても来てくれるのはそれだけ彼女に魅力があることだと思うし、作品と上手く付き合っていけてる証拠だと。ただ、名古屋と大阪に関して運営は会場を見誤った説を唱えたい。
自分のお気に入りのサタデー・ナイト・クエスチョンがアンコールでも来なかった時には金田喜稔ばりの「おいいいいいいいいいいい」って心の中で叫びそうになったのは内緒。最後の最後に歌ってくれて高まって締めれた。
ライブ行って良かった楽しかった。
f:id:rojoblanco:20180401162010j:plain