らじょlog

アニメに音楽にDROIT AU BUT

2018冬アニメここまでの感想③

2018冬アニメここまでの感想の3回目。
2回目から間が開いたが、これまでに観た新アニメの感想をチラチラと。

ダーリン・イン・ザ・フランキス
4話まで視聴。
A-1PicturesとTRIGGERが組んでどんなものが出来るのか?スタッフも揃えて期待値だけが上がっていったが、まずまずかな。
キャラクターデザインとメカと戦闘シーンはTRIGGERらしくて(ゼロツーはらしくなかった)、戦闘シーンは力業みたいな感じもするけどね。
話がなあ…設定上仕方ないけど、なんでエロに振り切った路線に走ったのか。 悪くはないと思うが、自分のロボットモノは続かない法則があるので続くのか切るのかは微妙。

ヴァイオレット・エヴァーガーデン
3話まで視聴。
京都アニメーションさん流石の書き込み具合。画は今期で一番良い作品。
その3話が凄くよかった。自動手記人形の養成学校でのルクリアとの話、最後のヴァイオレットが代筆した手紙が泣けた。これって「シゴフミ」みたいな話じゃないのか?って感じたけど、それとは違った切り口なんだと。
面白かったので追いつけるように見よう。

グランクレスト戦記
4話まで視聴。
個人的にはポスト戸松遥のポジションを担える鬼頭明里が発見されたことがこの作品の一番の収穫だと思う人。
うーん、作品の世界観を理解するまでに時間がかかりそうな…もうちょっとわかりやすい説明とかあったらいいけど、置いてきぼりにさせられそうな場面があったので。

現時点での手応えランキング

今回から見た作品の中で個人的に面白かったとか見応えあった作品を独断と偏見でランキングにする。このランキング、面白い回に当たれば普通に順位変動するので。

第1位 ゆるキャン
第2位 宇宙よりも遠い場所
第3位 からかい上手の高木さん
第4位 ラーメン大好き小泉さん
第5位 ヴァイオレット・エヴァーガーデン
第6位 グランクレスト戦記
第7位 ポプテピピック
第8位 ダーリン・イン・ザ・フランキス
第9位 たくのみ