らじょlog

アニメに音楽にDROIT AU BUT

黒崎真音「MAON KUROSAKI BEST ALBUM-M.A.O.N」僕はこの世界に生き残ってる

以前「ベストを尽くしてないのにベストアルバムとはこれ如何に」でベストアルバムを巡る議論があったが、この議論はもう終わりだ。なぜなら、入れ替わり立ち消えの激しい椅子取りゲームのようなこの業界でベストアルバムを出せるまで生き残ってることを評価しないといけない。そして2010年前後にデビューした人達はこの時期がベストアルバムのタイミングでもある。


ということで黒崎真音のベストアルバムである。
1周聴いてて感じたのは「これでフェスでの偏りすぎのセットリストが解消できるんじゃない?」
もちろん定番曲は存在しても良いと思う。ただ、見る機会が多ければ多いほど偏ってる現実に直面する。
個人的には君と太陽が死んだ日SCARSのようなダーク懸かった曲が聴きたいのですよ。デビュー前とか1stアルバムはそういう曲があって好きだったのですよ。
よく考えたらMagic∞worldモリーズ・ラストなんかPOP寄りのアニソンだったのが気がつけばVERMILLIONのようなゴリゴリした曲も歌えるようになってるのは、結果を出して生き残ってることでやりたい音楽が出来てるとも考えられる。
ターニングポイントになってるのはX-encounterだと思う。高瀬さんの曲が歌えてることでPOP以外の曲に幅が広げられてる。この曲引かなかったらどうなってたのかは...。
ベストアルバムの発売でフェスでの選曲もバランスよく選んでくると思うのでおそらくこれは彼女のパフォーマンス的にもいい転機になるのでは。でもX-encounterとメモリーズ・ラストは個人的に好きなので残してください。