らじょlog

2017年も書きたいことが見つかったんだ

ANIMAX MUSIX 2017-2018の第1弾の出演アーティストが発表されたことについて

3月の土曜日って職場が繁忙期で(辞めてなければ)仕事だと思うが。
ANIMAX MUSIX の出演アーティスト第1弾が発表されてたわけですよ。
あまり触れてこなかったネタに敢えて触れるのは、GWに昨年のANIMAX MUSIX大阪城ホールの映像が思ったよりも熱く盛り上がって見れてちょっとこのイベントに興味を持った。コラボ企画の質が思ったよりも高かった。
で、今年の開催概要と出演アーティストを大々的に発表するみたいだったので気になってて。
11/23は当然のように横浜アリーナですが。
f:id:rojoblanco:20170729150832j:plain
小粒と言えばそこまでだが、最近祝砲撃たれた人とか話題の人とか居てネタに事欠かない。小ネタ挟みたがる2人組ユニットが祝砲ネタやったらひっくり返るが(絶対にない)。
3/3の大阪城ホール
f:id:rojoblanco:20170729150753j:plain
これなかなかなメンツでちょっと行ってみたくなる
フェスには絶対呼ばれる女豹やミッツマングローブのそっくりさんは飽き気味なのは置いといて。
尺取りお姉さんに〇〇〇たそ~にオーイシお兄さんの漫談もあったり大阪開催を考えても豪華なメンツ。


ただ、第1弾のわりに軸になるアーティストが居ない…じゃなく常連過ぎるメンツで新鮮さとか期待値が上がらないのはアニソン界隈も邦楽ロック現場同様タコツボ化してるのかって感じる。
これをアニソン業界のアーティスト不足って捉えるのは簡単なんだけど、5年持てば良い方と言うか何年も活躍するのが難しくてパイも限られて椅子取りゲームのような状況を考えるとファンもアーティストを育てることを考えないと…ってそれ絶対無理だ。
あとはレコード会社の事情とかで外されてたり正当な評価を得てない人とか向いてない人とか、そういうアーティストや声優を積極的に呼んだらさらに熱く盛り上がれそうなのに…。
大人の事情って良くないですね。