らじょlog

2017年も書きたいことが見つかったんだ

西沢幸奏 SHIENA NISHIZAWA LIVE TOUR "Break Your Fate"@ROCKTOWN(7/17)

神戸の翌日は大阪での幸奏ライブ。
f:id:rojoblanco:20170717171647j:plain
f:id:rojoblanco:20170719091117j:plain
会場のROCKTOWNは初めての箱だが前にACLパブリックビューイングで行ったことがあるけどあの時は中に入れずバーカウンターの小さいモニターで観てたような。ここバーカウンターが異様に広かった記憶が。
開場まで時間があったのでロッカー確保してFCブースで缶バッジ貰って外のキューズモールのスカイコートやってたつばきファクトリーのミニライブ観てたりして時間潰す(MCで言ってたけどこのユニットハロプロ系列なんですね…)。
前日は上手側で観てたのでモッシュ震源地に捲き込まれたのでこの日は下手側で観ることに。震源地らしきものは居たが終始平和と言うかクリーンに盛り上がれて汗だくになった(前日よりはマシだった)。
ツアー前に言ってたように各会場でセットリストを弄っている。GeminiBrand-new Worldをアンコールに移したり、ピアチェーレを入れたり変化つけてる。持ち歌が限られてるが。
MCでは551のアイスキャンディー話。地元民はこよなく愛してる流だったがアレ食べたことないのですよ(小声)。即興ソングは「週末都民」というイベンターパワーワードで爆笑してさらに曲のクオリティで爆笑した、知らんけど。

最近のロックフェスってどうなの

神戸大阪と2Days参戦して感じたのは赤坂の時以上に色々なファンが彼女に注目してたこと。それは良いことだけど、気になったのはロックフェス系のTシャツを着てたファン。京都大作戦だったかな?そのファンがモッシュとかで騒いでたようだけど、最近のロックフェスに行くようなファンって騒ぐ系のファンが多いのか、どこの界隈でもよくある「とにかく騒ぎたいだけのファン」なのかわからないところ。
別に騒いでることを批判してるわけじゃないけど、単に暴れてるだけのようにも感じることもあって。応援の仕方は色々あるけど度を越えてるようにも思える。あと、内輪な空気も感じて...これって10年くらい前のアニソンクラブイベントでのヲタ芸に対するものと同じような空気を感じたわけで。時代というのは巡るもので。
ロックフェスに出てもおかしくないという意見もあるが、ロックフェスに出ることが目標になっては困る。そこよりも目指すべきものがあるけど。
と言うか最近の邦楽ロックとそのファンは元気なんだろうか。全体的に疲弊してるように端から見えるが。
f:id:rojoblanco:20170718084533j:plain