らじょlog

2017年も書きたいことが見つかったんだ

西沢幸奏 SHIENA NISHIZAWA 1st LIVE "Break Your Fate"@赤坂BLITZ

日曜日は西沢幸奏のワンマン行ってきました観てきました。
半分ノリと勢いみたいなところとアルバムの音楽をやってくれるんだ!という期待でチケット先行申し込んだ。
f:id:rojoblanco:20170430152020j:plain
f:id:rojoblanco:20170430152025j:plain
16年ぶりにやって来た赤坂BLITZ。前に来たのが2001年の奥井さんのBirth Liveでリニューアルする前の赤坂BLITZだからなあ…(しみじみ)。 旧BLITZはもっと大きくてビックハットが見えなかったような…記憶が薄れてる。
チケットを発券したらなんと文化放送の周波数のような番号に愕然。そしてチケットが完売で新BLITZはそこまで入らないことが事前に判明。久々にぎゅうぎゅうの狭いフロアでスタートを待つ展開。

ライブ開幕はBreak Your Fate→Shark→Gemini→Goodbye Graffitiのアルバムの曲順通り。Break Your Fateのイントロで今日のライブの流れが決まったようなもの。ガンガン煽りガンガン盛り上がってガンガン跳ぶ。モッシュのような近い状況があちこちで生まれるお望みの展開。
中盤戦Cross→Light and Shadow→ピアチェーレ→約束だよ。しっとり聴かせる曲が続く。ピアチェーレについてはあまり歌わないタイプの曲、ライブのセットリストを意識して作ったアルバムでもどこに入れてもスパイスになってしまうというエピソード。
帰還について。シンフォニックな曲なのでもっと大きな箱でオーケストラ入れてやると曲の良さがもっと引き出せると思うがライブハウスだと如何せん。あと自分艦これも提督も興味ないので余韻とか全然無くて。ここで「しっとり系の曲全てやったので残りは激しい曲のみ」という嬉しいお知らせ。
吹雪は帰還とは逆でライブハウスだと化けるような曲。
後半戦は怒濤の激しい曲。わかってはいたけどBrand-new WorldThe Asterisk War学戦都市アスタリスク繋ぎはヤバいヤバいヤバすぎる。このアニメ楽曲は最高だ!ってことが改めて証明された。アニメの中身については聞くなw
本編ラストはアルバム最後のFeel This Momentの一体感で締める。
アンコールでは嬉しいお知らせ→「おっ、新曲だな」→夏に全国ツアー決定!の斜め上展開にひっくり返る。ラストは持ち歌全部やったのでもう1回Break Your Fateで締める。

信じる音楽を満員のBLITZという結果で応えた

とりあえずこのライブ行って本当に良かった。自分の期待してた音楽が期待通りの形で聴かせてくれた。そして何より彼女の信じる音楽が満員のBLITZという最高の結果で応えた。正直このパンクに近いデジタルロックってウケが悪いんじゃないか?とか艦これの曲だけでそこまで知名度は無いんじゃないかって思ってた。なのでチケット完売にはそれだけこの音楽に期待してるってことなんだろう。
ただ、赤坂BLITZに1300人入れるのは無茶だと。フロアの盛り上がりは普通のライブと同じでフェアな盛り上がり方でした。サイリウムもポツポツ、吹雪で目立ったかなって。この現場でサイリウム使用は怪我するから持っていかなくて正解だった。ただ、アニソン界隈ジャッジだと文句が来そうな現場ですが…。

素材的にはLiSAより上じゃないのかな

なんとなくだけど素材的なものや潜在的な力はLiSAより上だと思う。
力の出し方が上手、出来ること出来ないことがはっきりしてる。信じる音楽、熱量をストレートに出せてる。
あとはアニソン界隈の作品タイアップに順応できる力や界隈の色々なものが噛み合えばもしかしたらが起こるかもしれないがそれにはフライングドッグがどれだけ本気なのかにもかかってるが。


前に言ってた未来を奏でるヤングガンはこれで証明されて、鈴木このみの音楽と同じくらいのワクワク感がある。やはりこの世代ってマジヤバくね。
何度も言うがこのライブ行って本当に良かった。

広告を非表示にする