読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らじょlog

2017年も書きたいことが見つかったんだ

Minori Chihara Live Tour 2016~Innocent Age~@グランキューブ大阪 に行ってきました

昨日は茅原実里のライブでグランキューブ大阪に行ってきた。よく考えたらツアーが2年ぶりでお久しぶりでした。
f:id:rojoblanco:20160718095326j:image

開演前の客入れBGMの選曲がよく知ってる曲ばかりで歌いそうになる。新谷良子"あいのうただから"が流れた時にはビックリした。

 今回のライブツアーはアルバムを引っ提げてのライブ。ただ、今回のアルバムがいつもと違って恋愛をコンセプトにしたアルバムで振り切った内容でして。

 

Innocent Age(初回限定盤)(Blu-ray Disc付)

Innocent Age(初回限定盤)(Blu-ray Disc付)

 

 アルバム一周聴いた感想が

    みのりん、恋してるな」

なんですよ。妙にドキドキしたりキュンキュンしたりするこれまでの楽曲とは違った不思議な反応で。

ただ、これって男の視点ってのかつーか理想のナントカにも近い部分があって。これは女性側の感想を聞いてみないとわからないが。

ライブも恋愛をコンセプトに基づいたもので、MCは最初のみで後は朗読パートの演出で、デートのことや手紙を書いてることでご当地ネタでちょっと笑わす場面もあったが、キュンキュンしたりドキドキしたりとライブもいつもと違った振り切った内容。
こういう演出はこれでアリだと思うのですよ。これまでのライブと違った感覚に陥るので。全体的にゆったりめの曲を中心じっくりと聴くスタイルになってた。
さすがにこれではライブとして成り立たないので盛り上がる曲も。アルバムの中でどの人も、私もこの曲が気に入ったのが"春風千里"→つーかこういう曲を求めてるのかなあ…。あと"輪舞-revolution-"やったのは驚いた。まあ、コンセプトに合うのか。
あれだけ"境界の彼方"をだなあ…って騒いでたけどライブ全体を見ると"会いたかった空"で十分に補完出来るしジーンと来て良い話だって感じてアンコール最後の"純白サンクチュアリィ"で上手く締めたなあってドキドキ感がしたライブでした。

個人的には良かったが非モテ界隈にはなかなか刺さるものがあってか、もしかするとアルバムについての反応が全てじゃないのかって思うことも。

 

 

広告を非表示にする