らじょlog

2017年も書きたいことが見つかったんだ

2016冬アニメ、スロースタートだけど徐々に良くなってる話

どうも、お久しぶり。

さて2016冬アニメ結局どうなのよ?って話。今期は、今期もだけど核となる作品ってのは見当たらないが、そこそこ惹き付けるような作品ばかりで面白い冬アニメって思う。これは自分にアニメ視聴の余裕が出てきてる説もあるけど、それでも溜めてるんだけどねw

個性が強いこともあってどの作品も「人を選ぶ」って言葉を使って感想を述べる作品が多い。そもそもアニメ自体がジャンルもキャラクターも画も人を選ぶ作品であって、万人受けするような作品ってポコポコ出てこない、当たり前だけど。

と言うことで、1月の放送前にやった期待値ランキングを経て2016冬アニメの現在地(この表現、むず痒いです)面白いランキングを作ってみよう。

第1位この素晴らしい世界に祝福を!

第2位だがしかし

第3位昭和元禄落語心中

第4位灰と幻想のグリムガル

第5位無彩限のファントム・ワールド

第6位ブブキ・ブランキ

第7位アクティヴレイド-機動強襲室第八係-

第8位紅殻のパンドラ

第9位僕だけがいない街

第10位ハルチカ~ハルタとチカは青春する~ 

 

 

 期待値ランキングから小麦ちゃんRとプリストを落としてこの素晴らしい世界に祝福を!と紅殻のパンドラを上げたのが冬アニメの現在地トップディビジョンはこんな感じ。まさかこのすばがここまで面白いとは思わなかったが。

プリストはキャラに変なしつこさがあった、あの競技ついていけない。小麦ちゃんRは10年前ならこれが通用してたが今これをやってもどんなに制作が頑張ってもその他の作品で埋もれちゃう。

ここ最近は3話までで継続して見るかダメなので切るかの判断も難しくなるくらいどの作品もスロースタートで、どこまで我慢すれば良いのか難しい。逆に初回からフルスロットルで作ったり面白い作品のほうが心配になる。 点と点が線で結ばれるまでの時間が長い、それだけ複雑な作品が多くなったことでもあるが。面白くなってくる過程を楽しんでるような気もw

自分のアニメ評価軸

自分の中でのアニメの評価軸ってのは

・作品の設定や世界観が好きかどうか

・話が面白いかどうか

が評価する大きな軸で、そこから作画(画が好みか)、背景画、キャラクター、音楽(劇伴)、演技のバランスが良い作品を評価してます。

異論は認めるが、冬アニメではこのランキングの10本が良かった。 今月の終わりには最終回まで完走してまた評価が変わるかもしれないが。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする