読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らじょlog

2017年も書きたいことが見つかったんだ

ダジャレは不採用で。~声優日本代表五輪ver.~

GK

1大坪由佳

22千菅春香

23花守ゆみり

DF

2豊田萌絵

3黒沢ともよ

4田所あずさ

5大橋彩香

13山下七海

14高橋李依

16瀬戸麻沙美

 MF

6田中美海

7日高里菜

8大西沙織

11小澤亜李

12高野麻里佳

15上田麗奈

17伊藤美来

18水瀬いのり

20久野美咲

FW

9佐倉綾音

10雨宮天

19芹澤優

 21M・A・O 

フォーメーションは

ーーーーーーーーーー雨宮-------佐倉------------

 

ーーーーー日高-----------------小澤--------

 

 

ーーーーーーーーーー田所------大西---------------

 

 

ーーーーー黒沢---大橋------高橋----ー豊田---------

 

ーーーーーーーーーーーーーー大坪--------------------

 

今年も声優日本代表シリーズでお楽しみください。今回は五輪代表Ver.

まずは本物の五輪代表の感想…北朝鮮戦はちゃんと見てないのでなんとも言えないが、こういう内容がこれからも続くのでそこを頭に入れて見ましょうね。そして今回のセントラル開催はAFC U-23選手権という大会がメインであって、トーナメントで3位以内に入ったら五輪出場という五輪はオマケみたいな位置付け。そこは勘違いしないように。

 

さて、今回の声優五輪代表は本物のレギュレーションではまともに戦えないので+2歳の91年生まれからの23名の選出。今回注目はA代表組(佐倉、雨宮)の招集を巡って招集できるように代表監督が土下座外交をしたとかしないとか。 

 今回の代表はこれまでのテクニックとパスワークで相手を崩す攻撃的サッカーを披露してたが、今度の代表は高身長の選手が多いのでそれを活かすための前線にロングボールを放り込んでこぼれ球を拾う戦術を採用。守備は前線からのプレスではなく重心を後ろにを置き、割られたら困るエリアを絶対に抑える。このチームにポゼッションは求めてない。

戦力的に歴代の代表と比べると強くないし、経験値も低めだ。それでも昨年A代表に招集された選手がリーダーシップを発揮してチームを引っ張り2トップの佐倉雨宮の決定力に期待をしたい。劣勢時には攻撃のアクセントを加えるドリブルの出来る水瀬をジョーカー的ポジションで起用する。さらに瀬戸や芹澤の投入で前線の高さがさらに強化、これまで採用しなかったパワープレーが可能になった。

 

この戦力、選手層でトーナメント勝ち上がれるのか疑問だが、一つ言えるのは綺麗なサッカーよりも泥臭いサッカーを指向してるところかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする