読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らじょlog

2017年も書きたいことが見つかったんだ

2016冬アニメ感想2:だがしかしが期待通りの出足、僕だけがいない街はどうなのよ

アニメ

今回も2016冬アニメチェック。

 

少女たちは荒野を目指す

感じるのは妙なテンポの良さ、1話だけだが凄い回転数で進んでいくように見えた。内容が有り無しはここでは問わないが。そこら辺田中ロミオが絡んでる影響があるのか。
やってる中身が冴えカノだったのはビックリで、ちょっと余計な虚淵推しのところも。来週以降もあのテンポとテンションでやるのかどうか…まあまあ良かったがそこだけが不安。
 

アクティヴレイド-機動強襲室第八係-

一応適当でも期待ランキングの1位にしたのでちょっと期待して見ましたが、パトレーバーですよねこれ。
現時点ではまあまあかな?って評価だけど、全体的に人間臭さよりも機械的に作ってるようにも感じて。そこに政治的事情や法律のリアルを入れてるのでパラレルを描くのかリアルを描くどっちがやりたいのか見えない。
気がつけばこの作品の3番打者を揃えたようなスタッフ陣。成功するにはやることをはっきりさせたい。結局これが腐向け作品なのかな。
 

ノルン+ノネット

やたら目立つ高垣彩陽の声ですが、こちらも腐向けですよね。
設定や世界観が冒険モノと船の中での争いとちゃんと見れば面白そうな予感がする。問題は来週以降も見るのかどうか。
 

僕だけがいない街

役者の芝居についてはあまり気にしてないので、棒なのはあんなものだと思ってる。それよりも耳に残る高山みなみのバーロ声、コナンみたいだねって感想にたどり着く悲しさ。
タイムリープモノで1話の掴みとしては最高じゃないでしょうか、続きが気になりそうな要素をバンバンに入れてるところも。それにしても20年近くリバイバルするのかよwってツッコミたくなるが。
界隈では絶対視聴みたいな評価だが個人的には見るかなあ…ちょっと微妙なラインです。
 

だがしかし

面白かった、来週以降も見ることを確信。彩奈、駄菓子をもっと食べよう。
ほたるさんの可愛さで楽しみ、今週の駄菓子で懐かしむと思えば面白い。ギャグのセンス、ノリに好き嫌いがあるかもしれないが、あの程度ならOKじゃないでしょうか。ただ、30分アニメにするのはどうなんだろうって意見にああ、わかる。この作品に何を求めてるのかじゃないでしょうか、ポイントは。
 

今回の査定は

最後は査定タイム
だがしかし→僕だけがいない街→アクティヴレイド→少女たちは荒野を目指す→ノルン+ノネット
 
悪くないけど良くもないって感じです。
 
 
広告を非表示にする