らじょlog

2017年も書きたいことが見つかったんだ

2015/10/24 Kalafina LIVE TOUR 2015-2016"far on the water" @グランキューブ大阪 行ってきました

Kalafinaライブ大阪初日観てきました。
これまでフリーイベントとか行きまくってるので単独ライブって何時ぶりかな?ってアンケート書いてるときに考えてたが、2013年のライブ行ってるから約2年ぶり。あの時はゲーマーズなんばでチケット売ってたという奇跡的なことがあったから行けたが、もうそういうことは無いのでちゃんとCD先行予約でチケットゲットした。 
 
ただ、本当は日曜日の予定で申し込んだ。よくよく考えたらその日カマタマ来るやん!→慌てて土曜日で申し込むこともありましたが。
今回の座席は1Fの11列目付近でCD先行にしては良かったが端だったのでスピーカーの近く(´・ω・`)さすがに中央はFC枠でしょうね。
f:id:rojoblanco:20151025131502j:image
f:id:rojoblanco:20151025131506j:image
Kalafinaの世界を歌と演出で色彩の旅を表現した耳で目でも堪能できたライブでした。
何より1曲目の歌と映像を使った演出が凄く良くて曲の終わりに点と点だったものが今回のツアーで線になって見せたいことが繋がってきたように感じた。ちょっと意外だったけど納得できる。
アルバムの曲が中心の選曲でしたが、バラード曲で「空」を表現したゾーンや、転換の場面でのインストで飽きさせなかったり。映像の色を使って曲を表現したり色彩のイメージが湧いた。新しい曲と昔の曲のバランスが良かったと思う。
何時ものワーワー盛り上がるスタイルとは違って、座って目瞑ってじっくり聴いていた。こういう落ち着いて聴けるスタイルで正直助かってる。
曲の話をすると"believe"での繊細さ"One Light"はライブで聴くと疾走感に加えて力強さも感じた。"輝く空の静寂には"と"むすんでひらく"には空とプラネタリウム、その前のMCでのレコーディング話も面白かった。
特に本編ラストの"far on the water"が素晴らしかった。この曲って水のように流れる中で未来に舵を取って進んでいく曲だから最後の持ってきたところが良かったです。
 
 
 
 
一番の魅力であるコーラスワークもさることながらライブを通じてKalafinaの世界観を全開に表現してた、そしてその世界に入り込んでこの世界を終わらせないでくれ!って見てて強く思った。それだけよく出来てた(音響面では割れてたりしてあまり良くなかったかな?)。
まあ、ライブ的には客を選ぶよねってことも。自分の後ろの列の客がやたら喋ってたのを聞くと有名になり過ぎるのもねぇ…って想いも。
 
 
会場にはスタンプコーナーがあったので今日の記念にチケット裏に押してみた。
 
 
広告を非表示にする