らじょlog

2017年も書きたいことが見つかったんだ

月刊少女野崎くん感想:押し切っても繊細に描く


この作品も当初はギャグのキレとかどうなのよ評価だったけど、慣れてきたら楽しめるようになった。ギャグと言うよりも各キャラクターの個性で押し切ったことに気付くのが何週もかかったわけだ。どのキャラがどうなのよってなると、鹿島くんとミコリンかな。
ラスト2週でのバレンタインチョコレート渡し忘れてて冷蔵庫に置いたままという強引すぎる展開にはびっくりしたが。ただ、ここで描かれてる千代ちゃんはいつも以上に繊細に描いていたなあって関心。
こういうオチなんだろうってからの千代ちゃんの返しで作品の個性が出せてた。


作品中の漫画にはまみこと鈴木くんくらいしか頭に入って来なかったことと、都先生のたぬきまみれが面白かった。

広告を非表示にする