らじょlog

2017年も書きたいことが見つかったんだ

2014/09/27 NANA MIZUKI LIVE FLIGHT 2014+ライブビューイング@TOHOシネマズ梅田

ライブビューイングの目線で感想を書くとすると、ツアーの構成や演出を大事にしつつ海外公演らしさが出せてたのかなって思います。

序盤、手探りだったのか音響の調子が悪くて大丈夫なのか不安でしたが、その後は持ち直して会場の雰囲気が伝わるようでした。
セットリストでは“Silent Bible”を入れてきてビックリしたり曲順を少し変えてたりしてた。いつもの感覚で観てると少し足りないなあって感じるが。
そこを補ったのが2つあって、1つは新曲“禁断のレジスタンス”。なんとなくは掴めたがサビが2段式ってのは慣れないわけで。
もう1つがダブルアンコールでの“深愛”なんだけど英語ver.で来るのかなって期待したがすべて日本語詞でした。そこまでの余裕が無かったのかな。
ただ、MCでは本人の努力での英語(行けるところまで)。あれを見てたらフォルランの2分間しゃべった日本語がやっぱり凄すぎるってことですよね。
会場は2000~3000人規模の箱かな。横に広すぎて必要以上に動かないといけない状況になってた。もう少し狭いところかYODAもう少し連れてきたら良かったのかも。


昨年の台湾の時もそうだけど日本でやってるライブの理屈が海外でどこまで通用するのか?とそこで出てくるギャップが興味があって楽しみでもあった。それがタオル曲であったりアンコールでのシャッス!→日本のラジオ番組の話であったり。逆に現地のファンが企画した旗でのサプライズとかは日本では絶対通用しないことが見れるのも楽しみなんですよ。ああいう歓迎のされ方は嬉しいよね。


…とライブビューイング見ながら感じたことで、会場はいつものライブと比べてMCでまったり座ったりして若干緩い感じで盛り上がってました。コーヒーってより水が欲しい状態。
写真を撮るタイミングを逃したので、終演後は充実感と共に腹減ったのでつけ麺特盛で
f:id:rojoblanco:20140927230800j:plain

広告を非表示にする