らじょlog

2017年も書きたいことが見つかったんだ

夏の始まりと共に聴きたくなる千葉紗子“everything”から10年

everything

everything

御暑う御座います。アイスクリイムが美味しい季節になりましたね。
気温の上昇で暑さを感じる時期になるとなぜか千葉ちゃんの曲を口ずさんでる、そして曲を聴きたくなるのでCDを探す。
当時はこのアルバムと1stアルバムが本当に凄くて、もしあの当時にアニソン専門誌とかあったらライター陣がわっしょいわっしょいと梶浦由記を絶賛しながらクロスレビューを書いてそう。

アルバムが発売されてから10年かぁ…
どの曲も良いですが、特に10曲目の“Rosemary Story”→“星が解けて”→“my song”→“さよならソリティア”→“Wednesday Morning”の流れが最高で最高で。当時聴いても今聴いても色褪せないと言うか、Rosemary Storyのラストサビの強さにおっ!と反応したり。夏の夜は星が解けてで癒されて、my songで迷いのあるおじさんは目頭が少し熱くなったり色々あるんだよ。

アルバムが発売されてから10年かぁ…その2
千葉ちゃんの話になるとやっぱりアルバム発売から翌月の恵比寿ガーデンホール?だったかなのライブの話に。当時チケットの地上戦に挑むも撃沈…だが、チケットの神様が立見席を与えてくれた(本当ありがとうございます)。
だが、あの立見席は小屋みたいな感じに詰め込んだので全く見えず…。終演後肩車してもらって誰も居ないステージが見れたことも今では素敵な思い出。


懐古主義のお話をしてるわけじゃないけど、こんなことをしながら星屑も自分も旅を続けてる。もう少ししたら眠りについて目が覚めたら水曜日の朝だ。

広告を非表示にする