らじょlog

2017年も書きたいことが見つかったんだ

J2・JFL入れ替え戦第1戦を観てきました。

日曜日、J2・JFL入れ替え戦を観に丸亀まで行ってきました。
カマタマは関西でやる試合は行ってたが、ホームゲームに行くのは初めて。なかなか行くチャンスが無かったからこの大一番に。

朝6時の船に乗るために前日のうちに三ノ宮へ。船+バスのセット券が予算的に安く行ける方法だったので。ネカフェではどうでしょうちと恋物語を見ながらブログのネタ書きながら過ごしてたら時間になったので歩いて三宮新港へ。
ジャンボフェリーでは速攻で横になってウトウト…。それでもしっかり明石海峡大橋は撮るわけで。

f:id:rojoblanco:20131204005603j:plain
高松到着後、競技場までのシャトルバスがあるので乗るもまさかの補助席。この歳になって補助席に座るというのもなんとも言えない感覚に。高速使って40分くらいであっさり到着。
f:id:rojoblanco:20131201113913j:plain
競技場入ってからは席確保してフードコートで食事して練習見ながらダラダラ過ごしてたらもうキックオフの時間。

f:id:rojoblanco:20131201125108j:plain
f:id:rojoblanco:20131201130028j:plain

試合の感想は、後半開始早々に先制するも3分後に失点する「もったいない」試合でした。やべっちFCでのハイライトが全てを語ってるような。
試合前、2部と3部だとどうしても選手のクオリティが落ちて大きな差があると思ってたので、鳥取有利じゃないか!?って見立をしてた。でも始まってみるとびっくりするくらい互角で。特に前半なんかは球際の局面に勝っててJ2下位ってこんなレベルかという内容。さすがに後半はカウンター仕掛けられて心臓が止まりそうなシーンが多かったが。
最後の縦ポンの応酬はお互いに策が無かったのかって思わせる。
与えたくなかったアウェイゴールを与えてしまって、勝つしかない状況になった。ただ、次の試合が0-0で終わりそうな雰囲気は無く絶対動きそうな試合展望である。
帰りは丸亀までのバスに乗るも30分以上待たされることに。対面の高松行きは4,5台来てたが…。さらに周辺道路の渋滞で時間がかかった。それでもなんとか帰りのバスの時間には間に合った。


個人的に今回の遠征で感じたことは、地元のクラブがプロの真剣勝負の舞台に立てたことが嬉しくて、それだけでもう満足してしまった。
気になったのが運営とかのクラブとしてのインフラ面。バスが来ないことも、そのバスが路線バスじゃなく観光バスの部類で競技場までのアクセス面でどう考えてるのか?5700人集めてこれだから、これよりもっと増えたらホームもアウェイ客も運べないじゃないのかって思う。運営もフードコートは良いけど、興行としてもっとしっかりしないと。
あと、一般客とサポーターの間に妙な溝が出来てるのかサポーター席が入ってなかった件について。サポーターが悪いというわけではないが、一部にタニマチみたいなのが居るから避けられてるのかなって邪推。これはお互いが歩み寄らないと解決しない問題で、タニマチが躍動する限りは自分も一般席かな。
何よりも地元がもっと盛り上らないとって感じた遠征でした。

広告を非表示にする