らじょlog

2017年も書きたいことが見つかったんだ

ブログの書き手と読み手の想いは乖離するものだという話

ここ最近忙しくて書けなかった。忙しいことに加えて人事のこともあったり頭を悩ませる…うーん。
忙しかった時に「リニューアルしてつまんねぇーよ」と書かれてる夢を見た。ああ、これはブログ界隈でも相当疲れてるなあ…だけど、確かにそうかも。書き手のクオリティが下がってるなあって自分でも感じてしまう最近の出来に。
そしてこの文章を思い出した。
「よい記事が書けた」という感触について - ウラガミ
これを読んでて、自分は書き手と読み手の想いってのは同じ方向にならないものだと思ってる。全てが全て伝わるわけじゃない、意図が伝わらない時もあるが後で必死に伝えようとする気もない。
個人的にはある程度の意図はわかって欲しいが、100%にはしたくない。曖昧な部分があっても良いじゃないか。その曖昧な部分を埋めるか埋めないかのせめぎあいをブログで追及したり楽しんだりするものだと思う。

さて、そんな自分は最近よい記事が書けたという感触が無いので、その感触を掴みに行くためにブログを書くのだろうって。

広告を非表示にする