らじょlog

2017年も書きたいことが見つかったんだ

東山奈央トークイベントin立命館 Nao's Ritsumei Festival!に行ってきました。

f:id:rojoblanco:20131102140435j:plain
学園祭シーズン。立命館の学園祭で東山奈央を観てきたデース!
東山奈央と言えばカレンちゃんデース!から俺ガイルの由比ヶ浜さんと同年代の正統派から胡散臭いキャラクターを演じてる印象が強い。

イベントはいつものVA研のイベントでトーク、アフレココーナー、お絵描きクイズにカルトクイズというラインナップ。
初めて見た印象は「チョロチョロ動いてしゃべって可愛い」というもの。このしゃべりは司会者弄りから無茶ぶりするまで、なかなか自由な人でもありました。
最大のハイライトは「立教の~」と大学名を間違える盛大なやらかし。ステージ袖に逃げるシーンがもうねぇ…。

個人的に印象に残ったのは、お題に基いて色々な役を演じる「七変化」のコーナー。簡単なキャラ設定からさらに掘り下げて作っていった場面。役に対する想像力とか表現力が役者に必要な部分を見ることが出来た。ええと、ミューコミの変態音響監督の吉田アナがやってる部分を本人がやってたとイメージしてもらえば。

東山画伯のお絵描きクイズは中途半端…と言うか使いにくいレベル。
アフレココーナーは1つのコーナー分束縛されるくらい覚えるハードルが高すぎてびっくり。
カルトクイズはカニかまと砂肝ってどこのオッサンだよw

改めて91年生まれ世代の強い個性ってのがよく出てた。あのカルテットが揃うと…もう碧ちゃんと大騒ぎではやみんと美菜子が仕切ってる姿が想像できる。
とにかくみんなニヤニヤしててなんだか味覚的意味ではない美味しいイベントでした。

f:id:rojoblanco:20131103010520j:plain

広告を非表示にする